2013年

4月

23日

週刊エコノミスト 2013年4月23日号

定価:600円(税込)

発売日:2013年4月15日

 

◇特集:円安株高

◇異次元緩和がもたらす必然の結果、成長戦略実現が上昇相場の鍵

 

黒瀬浩一

(りそな銀行チーフ・マーケット・ストラテジスト、チーフ・エコノミスト)

 

「現時点で必要な措置をすべて講じた」と、日本銀行の黒田東彦総裁自ら評した異次元の金融緩和が、円安・株高を一気に加速させている。発表直後の日経平均株価は約500円急騰、ドル・円相場は3円以上も円安に振れ、市場の流れを完全に変えた。

 

続きを読む

 


ピックアップ

経営者インタビュー

◇篠辺修 全日本空輸社長

◇持ち株会社化で経営判断早める

 

 全日本空輸(ANA)は4月、持ち株会社(HD)制に移行し、傘下にANAのほか、LCC(ローコストキャリア)のエアアジア・ジャパンとピーチ・アビエーション(連結対象外)、アジア・リゾート路線を担うエアージャパンなどの事業会社がぶら下がる新体制をスタートした。整備士出身の篠辺氏は、HD発足に伴い中核事業会社の全日空社長に就任した。

 

続きを読む

 

ワシントンDC

◇新エネルギー長官は「ガス派」

◇LNG輸出の追い風になるか

 

須内康史

(国際協力銀行ワシントン首席駐在員)

 

 オバマ大統領は、政権2期目のエネルギー省の長官にマサチューセッツ工科大学(MIT)教授のアーネスト・モニツ氏を指名した。議会承認を経て就任する。モニツ氏は原子物理学者で、現長官のチュー氏と2代続けての科学者長官となる。

 

続きを読む