2013年

5月

28日

東奔政走 2013年5月28日特大号

◇首相はまさかの「同日選カード」

◇それに揺さぶられる「弱小野党」

 

与良正男

(毎日新聞論説委員)

 

 かつて「人生には上り坂もあれば、下り坂もある。もう一つは『まさか』という坂だ」と語ったのは小泉純一郎元首相だった。「親父ギャグ」ではあるけれど、確かに政界というところは「まさか」が往々にして起きる。

 先日の川口順子元外相(自民党)の参院環境委員長解任騒動も、「まさか」と驚く、いや、あきれ果てる一件だった。今の国会を象徴する出来事なので丁寧におさらいをしておきたい。

 ◇「1強9弱」

 川口氏は4月23日から25日までの3日間の日程で国際会議出席のため中国出張を国会に申請した。かねて参院では国会開会中の常任委員長の海外渡航を自粛することを与野党で申し合わせている。そこで参院議院運営委員会の理事会は協議の結果、出張日程を1日短縮して24日までとすることで許可した。………