2013年

6月

25日

週刊エコノミスト 2013年6月25日号

定価:600円(税込)
発売日:2013年6月17日

◇特集:バブルの研究
◇緩和マネー逆流で始まる動乱相場とバブル崩壊

濱條元保
(編集部)

 世界同時緩和であふれるマネーが逆回転し始めた。緩和マネーの大本である米国の出口戦略が意識され始め、日米に加え、新興国の株式市場までもが動揺している。世界はリーマン・ショックを超えるバブルが崩壊するとばくちに立っているのか。バブルの歴史を振り返り、今後を展望する。

 

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

◇月岡隆 出光興産次期社長
◇北米とベトナムのビッグプロジェクト加速

── シェールガス革命の経営へのインパクトは?
月岡 北米のシェールガスについて約3年前から調査を進めていたら、米国で大量のシェールガスが産出し始めたことでカナダから米国向けに輸出する天然ガスが減少していることが分かった。行き場を求めているカナダのガスを日本に持ってこようと、提携先を探るなかでアルタガス社との出会いがありました。同社のパイプライン網を利用すれば、カナダから天然ガスを有利に輸入できる。2017年をメドに年間200万トンのLNG(液化天然ガス)を日本向けに輸出・販売する予定です。

 

続きを読む

ワシントンDC

◇ガス純輸出国への第一歩か 米国がLNG輸出を承認

須内康史
(国際協力銀行ワシントン首席駐在員)

 米エネルギー省は5月17日、フリーポート社が申請していた米国産天然ガスの自由貿易協定(FTA)未締結国向け輸出を承認すると発表した。テキサス州フリーポート市に建設する液化天然ガス(LNG)基地からの輸出が計画されており、日本企業がLNG調達の契約を締結している。今回の承認は米国から日本に向けたLNG輸出の道を開くこととなる。

 

続きを読む