2013年

7月

09日

特集:東大vs慶応 驚異のネットワーク 2013年7月9日号

 ◇「三田会」でつながる卒業生 互いに協力する“結社”の強さ

島田裕巳
(宗教学者、作家)

 三田会は、慶応義塾大学出身者による同窓会のことを指す。

 しかし、三田会という包括的な同窓会は存在しない。早稲田大学の場合には、卒業生は自動的に「校友会」と呼ばれる同窓会の会員になるが、三田会は校友会とは性格が異なる。

 慶応の出身者は、卒業年度に応じて、年度別三田会に入る。最も新しい年度別三田会は、2013年3月と9月の卒業生で構成される「154三田会」である。154は、154回目の卒業生ということである。

 ほかにも、地域三田会、職域三田会、諸会がある。地域三田会は、海外の三田会も含んでいる。職域三田会は、勤務先別で組織されたものと、職種で区別されたものがある。要するに前者は、企業内の三田会である。後者には、公認会計士三田会や不動産三田会がある。諸会は、クラブやゼミを基盤としたもので、女性の会員だけが集まる慶応婦人三田会といったものもある。………