2013年

7月

30日

週刊エコノミスト 2013年7月30日号

定価:600円(税込)
発売日:2013年7月22日

◇特集:機関投資家の正体
◇日本株急落「5.23ショック」の“主犯”はヘッジファンドだった

濱條元保
(編集部)

 日経平均株価は5月23日から6月14日にかけて2000円以上下落した。その最大の理由は、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が米議会証言で、量的緩和第3弾(QE3)の早期縮小を示唆する発言と一般には理解されている。
「だが、私の考えは異なる」と、ヘッジファンドに詳しいパルナッソス・インベスメント・ストラテジーズの宮島秀直チーフストラテジストは言う。株価急落の本当の原因は、ヘッジファンドの大規模な売りだったというのだ。

続きを読む

 

ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

◇金森賢治 ホーチキ社長
◇メーカー力を高めヒット商品作る

 日本初の防災設備メーカーとして1918年に創業。誤作動の少ない高品質の火災センサーで信頼を築いてきた。
── 防災設備メーカーの経営環境は。
金森 防災システムは、当社を含む専業3社にパナソニックを加えた4社がシェアを争っています。
 少子高齢化の影響で首都圏以外の新築市場は冷え込んでおり、防災システムの需要も伸び悩んでいます。一方で東京では、一極集中で価格競争が進行しています。その中でいかに大型プロジェクトに参加できるかが重要です。
 例外的に増えているのがネット販売を支える物流倉庫です。倉庫は着工から完成までの期間が短いため、倉庫に納入するシステムは、資金回収が早い商品になっています。

続きを読む

 

ワシントンDC

◇チタン業界も日本を牽制 ついに幕開けるTPP交渉

及川正也
(毎日新聞北米総局長)

 日本の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加に向け、米政府は7月2日、ワシントン市内で利害関係団体を対象とした公聴会を開催した。23日にも交渉参加が承認される日本との協議において反映させるべき意見を聞く場だったが、米側の新たな揺さぶり戦略も垣間見えた。

続きを読む