2013年

8月

20日

週刊エコノミスト 2013年8月13・20日合併号

特別定価:700円(税込)
発売日:2013年8月5日

 

◇特集:世界経済「出口」の後 第1部 「震源地」中国・米国全解明
◇米国が世界経済を牽引 外需に支えられ日本も浮上

望月麻紀
(編集部)

 ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7月31日、一時1万5634・32ドルをつけ、日中取引時間ベースの過去最高値を記録した。米国の4~6月期国内総生産(GDP)成長率が市場予想を上回ったと伝えられた直後だった。実体経済の強さを示す指標が出ると、量的緩和縮小観測が高まり、ダウ平均が下がったこれまでとは違う流れだ。資金の流れを丹念に追うと、米国経済の先行きへの期待の高まりが見える。

続きを読む

 

ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

◇市川俊英 三井ホーム社長
◇顧客本位と合理化の両立目指す

 日本のツーバイフォー工法の草分けとして実績を重ねる三井ホーム。木質系住宅の設計、施工、販売をしている。
── アベノミクスの影響は。
市川 戸建て注文住宅の受注棟数は2012年春から14カ月連続で前年同月実績を上回っています。今春以降は2ケタ以上の伸び率です。消費意欲の好転に加え消費税率引き上げ前の駆け込み需要や住宅ローン金利の先高観が受注を後押ししています。営業現場の声では、消費税より金利の影響の方が大きいようです。

続きを読む

 

ワシントンDC

◇金融危機後初となるFRB議長人事の難しさ

今村卓
(丸紅米国会社ワシントン事務所長)

 来年1月末でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の2期目の任期が切れる。その後任人事を巡る論争に火が付いた。きっかけは『ワシントン・ポスト』紙の人気ブログ。7月23日に次期議長の最有力候補はサマーズ元財務長官と報じたのだ。ホワイトハウスが「次期議長の指名は秋までない」とリークしたことで論争は水入りになったが、過熱した議論と報道合戦からは、金融危機後初となるFRB議長交代の難しさがみえてくる。

続きを読む