2013年

8月

27日

週刊エコノミスト 2013年8月27日号

定価:600円(税込)
発売日:2013年8月19日

 

 ◇特集:金持ち投資、貧乏投資
 ◇31歳女性、服買うのも我慢して金先物/60歳男性、1億円をETFで分散投資


 緒方欽一
(編集部)

 少額投資で一攫千金。お金に余裕がない人なら一度は見る夢だ。昨年末以降の円安を追い風に、その夢を金先物取引でつかんだ女性がいる。取引で増やした額は2000万円超。
 8月2日の夜、東京・江東区の居酒屋でその女性と落ち合った。事前のメールには「雇用統計なのでパソコン見ながらでもいいですか?」のひと言。この日の午後9時30分には米国の7月の雇用統計が発表されることになっていた。米国の雇用統計の結果で為替市場は大きく動く。投資家にとっては重要イベントだ。女性が投資している東京金先物の価格にも大きな影響を及ぼす。統計の発表まで、これまでの投資について話を聞くことにする。

続きを読む

 

ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇横山周史 リプロセル社長
 ◇海外展開に力点、2年後の黒字化目指す

 ヒト由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)の研究試薬などを手掛けるバイオベンチャー。2003年に設立され、今年6月26日、ジャスダックに上場した。初日は買いが殺到して売買が成立しないほどの人気だった。

続きを読む

 

ワシントンDC

 ◇直接融資で業務を拡大 輸出倍増計画支える米輸銀

須内康史
(国際協力銀行ワシントン首席駐在員)

 アメリカ輸出入銀行(米輸銀)のホックバーグ総裁の再任が7月17日、米議会上院で承認された。同総裁は、オバマ政権1期目の2009年5月に就任、今年3月に大統領から再任の指名を受けた。これで2期目となる。

続きを読む