2013年

9月

17日

特集:墜ちる中国 底なしの地方債務 2013年9月17日特大号

◇地方政府の債務が焦げ付けば銀行のバランスシートも壊れる

柯隆
(富士通総研主席研究員)

 中国経済は2桁成長から7%台の成長へと急減速している。しかも、消費の現場と生産現場を見ると、景気後退はマクロ経済統計が示す以上に深刻である。工場の稼働率は軒並みマイナスだ。上海や深センなど港に通じる主要道路を通るコンテナを載せたトラックは例年の7~8割程度にとどまる。観光都市の高級ホテルでも家族連れの国内観光客はまばらである。
 なぜ中国経済は突如として減速したのだろうか。中国経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)を見ると、輸出と内需(投資と消費)は確かに軟調に推移しているが、立ち直れないほど悪化していないはずである。
 では、なぜマーケットには悲観論が漂っているのだろうか。李克強首相ら政策責任者が市場との対話に十分に慣れていないのは問題だ。それによって市場関係者の多くは中国経済のビジョンが見えず、現実を悲観視するようになっている。………