2013年

10月

22日

エコノミストリポート:ウィンドウズ8.1が18日発売 2013年10月22日号

 

 ◇二兎を追った「8」の販売不振 容易でない戦略ミスの修正

 

小野均

(ITライター)

 

 米IDCのパソコン(PC)市場に関する調査によると、2013年の世界のPC出荷台数は前年比9・7%減の3億1540万台となる見通し。明らかにスマートフォンとタブレットに市場を食われている。

 特に個人市場において顕著で、すでにスマートフォンとタブレットを合わせた出荷台数はPCを超え、再来年にはタブレットだけでPC出荷台数を上回るとさえ言われている。

 そんな中、悪戦苦闘しているのがマイクロソフトだ。12年10月26日に発売した「ウィンドウズ8」は伸び悩んだ。スマートフォンとタブレットで米アップルと米グーグル陣営からはるかに後れを取ったマイクロソフトにとって、ウィンドウズ8は対タブレットの切り札になるはずだった。ウィンドウズ8の最大の特徴はPCとタブレットの両機能を使えるという点にある。PC市場の圧倒的なシェアを背景にタブレット市場を制圧する狙いは明らかだった。しかし、スタートボタンの廃止など既存の利用者に負担をかけたデザインはPC市場の人気を落としたうえに、タブレットも不発と惨憺(さんたん)たる状況を招いた。………