2013年

10月

29日

週刊エコノミスト 2013年10月29日特大号

特別定価:650円(税込)

発売日:2013年10月21日

 ◇特集:勝ち抜くための経済学

 ◇時代は分かりやすい経済学を求めている

 

望月麻紀

(編集部)

 

 書店で平積みになっているビジネス書、経済書のなかに、最近、マクロ・ミクロ経済学の入門書など教科書的な書籍が目立つ。

 

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇山口悟郎 京セラ社長

 ◇北米でスマホ事業の成功狙う

 

── 主力事業の電子部品、半導体部品の動きはどうですか。

 

山口 米国やアジアの大手スマートフォンメーカーが生産調整をした影響で、上半期(4~9月)は想定より悪かったが、米国大手の新型機種発売を境に9月以降上向きになってきました。ただ今後も好調が持続するかどうかは慎重に見ています。

 

続きを読む

ワシントンDC

 ◇茶会派の強硬姿勢は生き残りかけた戦い

 

及川正也

(毎日新聞北米総局長)

 

 17年ぶりに政府機関の一部閉鎖を経験した米国。オバマ大統領が東南アジア外遊を中止し、世界の金融市場は不安定な値動きを続けるなど国際政治・経済にも影を落とした。世界の不安をよそに権力闘争の政治ゲームを操っているのが、野党・共和党の対決路線を後押しする保守強硬派「ティーパーティー(茶会)」系議員だ。

 

続きを読む