2013年

11月

05日

週刊エコノミスト 2013年11月5日号

定価:600円(税込)
発売日:2013年10月28日

 ◇特集:相続とお金のトラブル
 ◇相続 親子関係 人ごとではない「争族」 もめ事に発展する4大パターン

天野隆
(税理士法人レガシィ代表社員税理士/公認会計士)

 2015年1月からの相続税の増税により、申告対象者が大幅に増加する。税理士法人レガシィの試算では、亡くなった人の約2人に1人が相続税の申告対象者になる見込みだ(東京国税局管内)。もはや相続税は、資産家だけに関係するものではない。しっかりと準備をしておかなければ、相続が発生した際に大きなトラブルになる可能性がある。
 何がトラブルになるのか、以下で見ていこう。

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇木山茂年 東京デリカ会長
 ◇かばんの「小売り」から「製造小売り」目指す

 かばん・袋物の国内流通最大手。ショッピングセンターや駅ビルを中心に、「SAC‘S BAR」「LAPAX」など複数のブランドを展開。店舗数は545店舗(2013年3月末時点)に上る。

続きを読む

ワシントンDC

 ◇財政協議で紛糾した米議会 TPP交渉でも障壁に

堂ノ脇伸
(米国住友商事会社ワシントン事務所長)

 財政協議の不調から政府機関の一部閉鎖という事態を招いたことで、オバマ大統領は10月8日にインドネシアで開かれた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の首脳会合への出席を取りやめた。早期妥結を最も強く望んだオバマ大統領の不在により、TPP交渉の年内妥結は不透明さを増した。

続きを読む