2013年

11月

19日

特集:沈む銀行、浮かぶ銀行 中堅・中小企業で進む“メガバンク離れ” 2013年11月19日号

 ◇「いざという時、助けてくれない!」 中堅・中小企業で進む“メガバンク離れ”

 

吉田一志

(ジャーナリスト)

 

 中堅・中小企業でじわりと進む「メガバンク離れ」──。信用調査会社の帝国データバンクが、全国全業種の144万社を対象に行っている「全国メーンバンク調査」最新データ(2013年8月時点)からはそうした実態が浮かび上がる。

 

 ◇ステータスではない

 

 3メガバンクのメインバンク社数(企業側がメインバンクと認識する)シェアは、4年前の09年に比べて三菱東京UFJ銀行(0・38ポイント減)、三井住友銀行(0・52ポイント減)、みずほ銀行(0・25ポイント減)といずれも減少している。業態別の社数シェアを見ても、これら3行を含む大手銀行の落ち込みが顕著だ。年々シェアは減り続け、直近データでは20%を割り込む寸前にまで落ち込んでいる。

 中堅・中小企業の“メガ離れ”は、何を意味するのか。………