2013年

12月

24日

特集:2014年マーケット総予測 第2部 株、為替、金利、国際商品を徹底予想 日本株 日経平均 2013年12月24日特大号

 ◇1万3000円台調整局面も14年末に向け1万8000円へ

芳賀沼千里
(三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフストラテジスト)

 日本株を取り巻く投資環境は良好だ。東証1部上場企業(除く金融)の2013年度の増収率予想は9%台で、バブル崩壊後で最高となる。円安の恩恵が大きいが、上場企業の国内市場シェア上昇や海外事業拡大など中長期的な要因も寄与している。

 マクロ経済では国内の個人消費が堅調で、設備投資に回復の兆しが出ている。海外経済は力強さに欠けるが、米国景気が回復基調にあり、新興国景気にも底入れ感が広がっている。14年度も日本企業は増収増益が期待できよう。14年末までに日経平均株価は1万8000円前後に上昇すると予想するが、途中、1万3000円台に調整する局面もあるだろう。
 全国の消費者物価(除く生鮮食品)上昇率は13年10月に前年比0・6%となり、価格上昇品目にも広がりが出ている。同月の有効求人倍率は0・98倍と、07年以来の水準に上昇しており、雇用情勢は緩やかに改善している。………