2014年

1月

21日

結婚:増える熟年結婚 2014年1月21日特大号

 ◇子どもの反対や介護が壁

 

黒川祥子

(ノンフィクションライター)

 

「中高年のお見合いパーティーで今、60代女性が少し年上の男性からモテモテだ。価値観が合うだけでなく、彼女たちは若々しく奇麗で、経済的に頼ろうと思っていないから、男性は安心なのだろう」。結婚相談所「AZCOブライダルサロン」を主宰する、夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、こう語る。

 1990年代以降、同居20年以上を経ての熟年離婚が急増。独身になった熟年世代が新たなパートナーを求め、婚活市場が活況を呈している。中高年のお見合いサークル「太陽の会」を主宰する斎藤尚正さんは、「十数年前は世間体を気にして後ろ向きだったが、今は再婚して新しい人生を送った方がいいというように、中高年の意識が大きく変わった」と指摘する。

 

 ◇熟年向け結婚相談所が人気

 

 厚生労働省の人口統計資料集によると、90年の60~64歳の男性再婚者は1746人、女性再婚者は603人だったが、2011年は男性が4453人、女性が2205人へと大きく増加。65~69歳の再婚者数も、90年は男性706人、女性236人だったが、11年には男性が1953人、女性が1076人と大幅に伸びている。………