2014年

1月

28日

目次 2014年1月28日特大号


 ◇CONTENTS

不動産 節税と投資
18 個人の“1棟買い”増える 相続増税も富裕層を後押し ■桐山 友一
20 REIT VS ワンルーム 手軽に売買、税金も安いREIT 遺産分割対策ならワンルーム ■桐山 友一
22 ワンルーム 新築 VS 中古 家賃安定だが割高な新築 高利回りも修繕リスクある中古 ■花谷 美枝
24 物件見て歩き プロと一緒に投資マンション品定め ■編集部
26 REIT オフィス VS 住居 VS 物流 景気拡大を予想するならオフィス 安定した高分配を狙うのは住居 ■関 大介
28 徹底比較 J─REIT全43銘柄 ■関 大介
31 REITの投資タイミング 春先の高値づかみに注意 ■山崎 成人

32 主要エリア 再開発マップ ■編集部
   大手町・丸の内・日本橋/六本木・虎ノ門・銀座/梅田(大阪)/名駅(名古屋)/福岡
36 世界の不動産投資 日本対象のファンド続々登場 ■伊東 尚憲
38 チャイナマネーが世界を席巻 ■安田 明宏
39 業界の頭痛のタネ 労務費、資材費高騰が迫る ■酒井 寛子
40 賢い節税 知っておきたい3大ポイント 相続税、所得税を上手に圧縮  ■板倉 京
43 土地活用の落とし穴 家賃保証の「減額」で行き詰まるオーナー ■向山 勇

Flash!
11 サントリーが「ジムビーム」買収/細川・小泉連携の都知事選/デモ長期化で混迷深まるタイ/インタビュー 常陰均・三井住友信託銀行社長
15 ひと&こと 東レ・榊原氏を選んだ米倉経団連会長の孤立

Interview
4 2014年の経営者 林 高生 エイチーム社長
48 問答有用 筒井 すみ子 ふれんどりぃ代表
 「人を幸せにできなければ介護サービスではない」

エコノミストリポート
90 オリンピックと地域紛争 ソチ五輪にかけるロシアの思惑 カフカスの不満を抑えきれず ■廣瀬 陽子

76 新連載 「盛和塾」塾生奮戦記 闘う中堅企業!(1)
 徳武産業 高齢者向け靴で新市場開拓 「もっと歩きたい」に応える ■藤枝 克治
44 欧州 EU加盟から10年で中東欧は二極化 ■伊藤 さゆり
46      フランス経済の落日 企業競争力の回復が急務 ■田中 理
78      独シュレーダー前首相が築いた「強いドイツ」 ■丸山 俊
80 TPP アジア巡る自由貿易圏はTPPとRCEPの両にらみ ■石川 城太
82 電力 再生エネの固定価格買取制度で地域活性化 ■赤川 彰彦
85 奨学金 奨学金を返せない若者が急増 ■坂田 弘
88 訴訟 消費者集団訴訟の新制度で小売店にリスク ■若林 弘樹

World Watch
66 ワシントンDC 中間選挙に向けて浮上する50年ぶりの「貧困との戦い」 ■今村 卓
67 中国視窓 日本の孤立狙う外交戦略 焦点は北京開催のAPEC ■金子 秀敏
68 ニュージャージー/ロサンゼルス/英国
69 香港/インド/シンガポール
70 オーストラリア/ロシア/イラン
71 論壇・論調  「バーナンキ時代」の総括始まる 出口の行方で評価は変わる ■岩田 太郎

Viewpoint
3 闘論席 ■古賀 茂明
17 グローバルマネー 「所得増加」というアベノミクスの淡い初夢
52 学者に聞け! 視点争点 「社会的投資」に失敗している日本 ■高端 正幸
54 言言語語
62 アートな時間 映画 [スノーピアサー]
63        クラシック [シリーズ 歌曲の森~詩と音楽~第12篇]
64 名門高校の校風と人脈 (78)下関西高校 ■猪熊 建夫
72 クリティカルデイズ (13) 暴走する「自律型サイバー兵器」 ■山崎 文明
74 東奔政走 「細川・小泉劇場」開幕 質実な循環型社会への転換を問う ■山田 孝男
100 景気観測 景気回復に影落とす貯蓄率低下 配当所得増で消費下支えを ■櫨 浩一
102 賢く使うタブレット (54) 宇宙を体験する ■小野 均
103 世界遺産Quiz ガラパゴス諸島(エクアドル)
104 健康アプリ (68) 慢性腎臓病 ■塚﨑 朝子
105 終の住みかを考える (18) 誰と住むか (7) お一人高齢者の住まい ■小谷 みどり
106 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ reverse repo ”

Market
94 向こう2週間の材料/今週のポイント
95 東京市場 ■丸山 俊/NY市場 ■藤井 智朗/週間マーケット
96 インド株/為替/穀物/長期金利
97 マーケット指標
98 経済データ

書評
56 『非伝統的金融政策の経済分析』
 『どっこい大田の工匠たち』
58 話題の本/週間ランキング
59 読書日記 ■中江 有里
60 歴史書の棚/海外出版事情 中国

61 定期購読のご案内

55 編集後記/次号予告

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません