2014年

2月

11日

目次 2014年2月11日特大号


 ◇CONTENTS

円安異変
18 バーナンキの置き土産 新興国通貨急落に翻弄される円  ■秋本 裕子
20 有力ストラテジストによる2014年為替見通し  ■編集部
22 投機の動き 円急騰の背景にヘッジファンド ポジション巻き戻しが相場動かす ■池田 雄之輔
24 新興国通貨 下落しやすい赤字国 ■前島 英彦
26 リスクシナリオ 新興国市場の混乱と消費再増税見送り ■高島 修
28 海外投資家の影響 強まる株と為替の同時相関 ■藤原 茂章

31 インタビュー 篠原 尚之・IMF副専務理事 「日銀の追加緩和は不要 『出口』へフォワードガイダンスを」
32 量的緩和の影響 「通貨戦争」で経常収支に明暗 ■黒瀬 浩一
34 先進国通貨 ドルとポンドが堅調、円は対ドル軟化 リスクは米雇用と低インフレ ■門田 真一郎
36 ドル・円の決定要因 長期的にはインフレ率の差が影響 ■佐々木 融
38 少ない効果 円安でも輸出が増えない ■小林 真一郎
40 為替操作条項 米議会上下院にTPA法案提出 狭まる円安への米国の許容範囲 ■今村 卓

Flash!
11 万能細胞STAPを作成した30歳女性研究者/議会回避を打ち出した米一般教書演説/2年目のアベノミクス/貿易赤字2年連続最大の真の理由
15 ひと&こと 東京五輪時の経団連会長に豊田章男氏の声/米サーベラスの日本撤退が視野に/日系自動車メーカーの女性CEOはいつ?

World Watch
66 ワシントンDC TPP交渉に漂う不透明感 米議会批准は来年との声も ■篠崎 真睦
67 中国視窓 10年で飛躍した高速鉄道 「春節」では2.6億人利用 ■稲垣 清
68 N.Y./カリフォルニア/ポーランド
69 広州/インド/フィリピン
70 韓国/ロシア/UAE
71 論壇・論調  メルケル政権の年金改革 国力低下招くと経済学者らが酷評 ■熊谷 徹

Interview
4 2014年の経営者 信木 明 東洋ゴム工業社長
48 問答有用 藤田 浩之 クオリティー・エレクトロダイナミクス社長
 「米国も『ものづくり』こそ国の根幹だと気付いた」

脱原発の経済
88 倫理と経済の両立 脱原発先進国ドイツの修正と前進 日本のエネルギー大転換への期待 ■ミランダ・シュラーズ
92 東電の経営問題 日本の2010年代の不良債権問題 ゾンビ化を防ぐ新会社設立が急務 ■金子 勝

エコノミストリポート
85 「経済自由度」世界25位の日本 強い指導力による経済改革を ■ジム・デミント

42 アルミ スクラップ輸出の急増で危機のリサイクルシステム ■棚町 祐次
44 紛争 深刻な南スーダン紛争 遠のく国民和解 ■栗本 英世
46 モンゴル経済 鉱物資源で急成長 資源ナショナリズムが足かせ ■駿河 輝和
78 靖国 国交35周年の米中関係発展期 進む日本の「孤立化」 ■関山 健
80 スマホ 反グーグルの「第3のOS」に明暗 ■石野 純也
82 中国 大膨張する地方債務 改革圧力にしたい政府の苦悩 ■金森 俊樹

Viewpoint
3 闘論席 ■片山 杜秀
17 グローバルマネー テーパリングで覚める新興国の“夢”
52 学者に聞け! 視点争点 経済史から見る政治不信の構造 ■石井 晋
54 言言語語
62 アートな時間 映画 [アメリカン・ハッスル]
63        美術 [大浮世絵展]
64 名門高校の校風と人脈 (80) 兵庫高校 ■猪熊 建夫
72 クリティカルデイズ (15) 機密情報抜き出す「暴露ツール」の脅威 ■山崎 文明
74 盛和塾塾生奮戦記 闘う中堅企業 ! (3) アスカコーポレーション ■大堀 達也
76 東奔政走 都知事選は舛添氏が先行 海外の懸念よそに自信深める首相 ■与良 正男
100 景気観測 膨らむ貿易赤字の真実 原因は輸出力低下と円安 ■藻谷 俊介
102 賢く使うタブレット (56) 災害に備える ■小野 均
103 世界遺産Quiz 古代都市パルミラ(シリア)
104 健康アプリ (70)肺炎 ■塚﨑 朝子
105 終の住みかを考える (20) 誰と住むか (9) 夫婦別寝 ■北村 安樹子
106 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ disinflation ”

Market
94 向こう2週間の材料/今週のポイント
95 東京市場 ■隅谷 俊夫/NY市場 ■馬場 真一/週間マーケット
96 中国株/為替/金/長期金利
97 マーケット指標
98 経済データ

書評
56 『IMF(上・下)』
 『滅亡へのカウントダウン(上・下)』
58 話題の本/週間ランキング
59 読書日記 ■佐藤 賢一
60 歴史書の棚/海外出版事情 アメリカ

55 投書/編集後記/次号予告

41 定期購読のご案内

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません