2014年

3月

25日

特集:経常赤字と本当の国力 第1部 2020年経常赤字常態化 インタビュー 浜矩子氏 2014年3月25日特大号

 ◇経常赤字は円安妄信の帰結 成長よりも再分配と財政再建を

 

聞き手=望月麻紀

(編集部)

 

 経常収支の赤字化が現実味を帯びてきた。同志社大学の浜矩子教授に、その原因と影響を聞いた。

── 経常収支の赤字恒常化が指摘されている。

 

■成熟段階に到達した先進国である日本の経常収支が赤字になるというのは、奇異である。成熟国がモノの輸入大国になるのはあたりまえだが、資本輸出大国だけに、貿易収支の赤字を所得収支の黒字で埋め合わせ、経常収支ベースでは黒字になるのが本来の姿。これが崩れたのは、政府が「日本はまだモノの輸出立国だ」として、自国経済の到達度や特性に対して理解がないまま、円安を追求したのが原因だ。………