2014年

4月

22日

特集:最後の英語やり直し! 英会話カフェ 2014年4月22日号

 ◇お酒で羞恥心を吹き飛ばす英会話バー

 

大堀達也

(編集部)

 

 コーヒーや紅茶を飲みながらリラックスした雰囲気の中、英会話が学べる「英会話カフェ」が全国的に増えている。外国人講師をそろえネイティブとの会話ができるカフェもあり、会社帰りの若い世代を中心に、人気が高まっている。

 その中でも、お酒を飲みながら会話が学べる「英会話バー」として注目を集めているのが「LanCul」(ランカル)(東京都世田谷区)だ。

 お店の扉をくぐると、テーブルを囲む形で3~5人ほどのグループが英会話を楽しんでいる。各テーブルに1人は常駐している外国人講師が付き、会話の中で英語の表現やアクセントなどについて指導していく。

 特に教科書のようなものは用意せず、その日の集まったメンバーの気分次第で自由に話題が設定されていく。例えば、来週、アメリカに旅行に行く人がいれば、お勧めの観光地やお土産の話になる。たまたま、女性だけのテーブルになった場合は、恋愛話に花が咲くこともある。翌日に会社で、テレビ電話で国際会議を控えている人は、英語でのプレゼンテーションの仕方を講師と1対1で練習することもあるなど、学習内容はさまざまだ。………