2014年

4月

22日

週刊エコノミスト 2014年4月22日号

定価:620円(税込)

発売日:2014年4月14日

 ◇特集:最後の英語やり直し!

 ◇時間とお金を無駄にしない 勝間流の“最終手段”

 

勝間和代

(経済評論家)

 

 私は大学卒業後、外資系企業に入社したが、最初は英語がまるでできなかった。入社当時のTOEICの点数は420点。社内文書はすべて英語だったが、1行に三つぐらい分からない単語が出てきて、読むのに非常に時間がかかった。

 

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇渡辺勝 乃村工藝社社長

 ◇企画から運営まで、空間演出のトップ

 

 創業122年。芝居の大道具や装置づくりから出発し、高級ホテルや専門店、飲食店、企業PR施設等の内装を手掛ける。ディスプレー業界ではシェアナンバーワン。

 

── 業績が好調です。

渡辺 2012年の春ごろから大型の商業施設や再開発案件の動きがよくなり、その波に乗りました。東京スカイツリー、ダイバーシティ東京、渋谷ヒカリエなど話題になった施設にはほとんど関わっています。ホテルの内装も高級志向が強まり、当社にとっては追い風です。

 

続きを読む

ワシントンDC

 ◇イエレンFRB議長が指摘 失業率とは違う「雇用の質」

篠崎真睦
(三井物産ワシントン事務所長)

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の発言から、「雇用の質」が改めて注目されている。3月31日にシカゴで講演を行った際、職探しに苦戦する3人の労働者を具体例として挙げながら、金融緩和策の継続について語った。

続きを読む