2014年

4月

29日

目次 2014年4月29日号


 ◇CONTENTS

中国危機の正体を見た!
20 影の銀行より恐ろしい中国危機の“核心” ■金山隆一/谷口 健
23 現地ルポ 取り付け騒ぎを起こした地方銀行 
24 低成長に耐えなければ真性の経済危機が来る ■津上 俊哉
25 通貨マフィアの視点 国家資本主義モデルは限界に来た ■行天 豊雄
26 政府もおびえるITマネー アリババを潰せば金融改革は後退 ■神宮 健
29 グーグルもお手上げ! 中国で唯一自由なIT業界 ■谷口 健
30 止まらない人民元の拡大 米ドルへの不安が進める「国際通貨」の野望 ■植田 賢司

32 党の権力闘争 成果出せない習氏の反腐敗運動 ■金子 秀敏
34 歴史に学ぶ 権力崩壊の前兆は知識人の絶望 ■川中 敬一
36       崩壊論を跳ね返す中国人の耐久力 ■樋泉 克夫

Flash!
13 10年物国債が取引不成立の異常事態/60億ドル賠償命令「武田薬品ショック」/日本の「高齢化・単身化・未婚化」が止まらない/「第54回エコノミスト賞」授賞式
17 ひと&こと 牛尾治朗氏を引退させない財界/兵庫県の山奥に「規制改革1丁目1番地」/「カジノ法」可決公算で誘致合戦開始

World Watch
64 ワシントンDC プラハ演説から5年 遠い「核兵器なき世界」 ■及川 正也
65 中国視窓 「新型」の都市化計画 運輸や医療に投資需要 ■細川 美穂子
66 N.Y./カリフォルニア/英国
67 台湾/インド/インドネシア
68 韓国/ブラジル/ウガンダ
69 論壇・論調 欧米の制裁でロシア資本流出 長期化すればプーチン政権崩壊 ■増谷 栄一

Interview
4 2014年の経営者 西浦 三郎 ヒューリック社長
48 問答有用 鶴岡 裕太 BASE CEO
 「誰もがネットショップを簡単に開けるようにしたい」

激震NHK 揺れる世界の公共放送 
72 人事や予算で政治が揺さぶり 海外の公共放送も独立性に悩み ■大河内まき/熊谷 徹/土方細秩子
74 ドイツ連邦憲法裁判所 公共放送への政治介入禁じる判決 ■熊谷 徹
75 インタビュー 堀 潤 「番組を見るだけの時代は終わった」
76 提言「私のNHK改革」 音 好宏(上智大学新聞学科教授・メディア論)/遠藤 薫(学習院大学政治学科教授・社会情報学)/稲葉 一将(名古屋大学法学研究科教授)

エコノミスト・リポート
81 米国で批判噴出 スピード勝負のHFTに規制議論 「近くて速い者がもうける」は悪か ■平塚 崇
83 日本はどうなる? 個人より優遇されるHFT ■和島 英樹

38 大事故 メキシコ湾原油流出と福島原発の機能不全 ■宗 敦司
40 市場 期待高まるヘルスケアREIT ■関 大介
42 農薬 市民の声が厚労省を動かした残留基準緩和 ■岡田 幹治
44 台湾 中台貿易自由化巡る複雑な世論 ■本田 善彦
78 スマホ 日本は高付加価値と販売戦略が勝負の鍵 ■石川 温
84 航空機 カナダ航空機産業に日本企業も進出 ■桐山 友一
86 電力 巨額資金不足で東電存続に黄信号 ■小野 展克

Viewpoint
3 闘論席 ■池谷 裕二
19 グローバルマネー 中銀総裁に“レッテル”を貼る市場の悪弊
46 学者に聞け! 視点争点 サプライチェーンを効率化するTPP ■椋 寛
52 言言語語
60 アートな時間 映画 [朽ちた手押し車]
61        舞台 [セレブレーション100!宝塚]
62 名門高校の校風と人脈 (91) 鶴岡南高校(山形県) ■猪熊 建夫
70 東奔政走 「安倍1強」に訪れた三つの変化 株安、渡辺喜美氏辞任、ウクライナ危機 ■前田 浩智
94 景気観測 回復が遅れる企業業績 来年度の賃上げは困難に ■枩村 秀樹
96 賢く使うタブレット (67) 意外と知らない基本ワザ(iPhone/iPad編) ■小野 均
97 世界遺産Quiz サーンチーの仏教遺跡(インド)
100 健康アプリ (81) 大腸がん ■塚﨑 朝子
101 終の住みかを考える (31) どこで死を迎えるか (1) 病院の霊安室 ■小谷 みどり 
102 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ the right of collective self-defense ”

Market
88 向こう2週間の材料/今週のポイント
89 東京市場 ■藤戸 則弘/NY市場 ■堀古 英司/週間マーケット
90 欧州株/為替/原油/長期金利
91 マーケット指標
92 経済データ

書評
54 『マネーの支配者』
『国際原子力ムラ』
56 話題の本/週間ランキング
57 読書日記 ■藤原 智美
58 歴史書の棚/出版業界事情

59 定期購読のご案内

53 編集後記/次号予告

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません