2014年

5月

16日

世界史に学ぶ経済vol.2

オンライン書店で購入する

著者

秋本 裕子、富田 俊基、上川 孝夫、石見 徹、増田 義郎、井口  泰、武田 尚子、保坂 俊司、磯淵 猛、池尾 愛子、今井 賢一、川北 稔、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

「歴史は繰り返す」と言います。だからこそ、現代の問題を解く鍵を、我々は歴史に求めます。

 喫緊の課題でいえば、ウクライナ問題は国際秩序にどんな影響を及ぼしていくのか、経済格差や急速な高齢化問題を抱える中国で経済発展は続くのか、という疑問があります。こうした問いへのヒントが、古今東西の歴史の中に眠ってます。川北稔・大阪大学名誉教授は週刊エコノミスト編集部のインタビューに答えて、こう述べています。「歴史学とは過去の学問ではなく、本質的には未来学である」と。

 週刊エコノミストebooks「世界史に学ぶ経済vol2」の本書は、2012年6月19日号の特集「世界史で学ぶ経済」を電子版化したものです。国債、恐慌、通貨、金、宗教の現代的課題を歴史に学んでいます。

 

 本書の主な内容は以下のとおりです。

Part1 歴史に求める危機の処方箋

【国債】国債は民主主義の健全性を映す

【恐慌】恐慌伝播のルートはいつも同じ

【通貨】貿易・金融の中心が基軸通貨に

 

Part2 宗教、金、移民と経済

【金】経済の価値尺度となった金本位制

【移民】表面化する多文化主義への反動

【宗教】欧州危機で明らかになった倫理観の差

 

■特別インタビュー 歴史の中のいま

・今井賢一「世界はまだ近代を終えていない。「マルチスカラー」分析でやり直せ

・川北稔「日本は欧米に追いついたのではなく、東アジア世界システムの先頭にいた」