2014年

5月

20日

目次 2014年5月20日号


 ◇CONTENTS

 

税務調査がやって来る!

Part 1 相続税編

18 「税務調査」とは何か 相続増税で対象者も増 ■桐山 友一

20 元国税調査官が明かす 相続税の申告漏れの見つけ方 ■武田 秀和

22 国税通則法改正で税務調査戦線に異状アリ ■結木 圭太

23 税務調査を避けるには 申告書の疑問を事前に解消 「書面添付」も活用 ■服部 誠

24 相続人を困らせない 財産目録や使途メモあれば申告漏れを防げる ■佐伯 草一

26 クイズで勉強! これって「生前贈与」? ■板倉 京

29 不動産評価を下げる五つのテクニック

   ①利用区分を分ける/②広大地/③あえて「共有」/④悪条件を考慮/⑤親の生前に同居

Part 2 法人税・所得税編

33 「架空領収書」はこうして見破る 不正によくある三つのパターン ■松嶋 洋

35 経費の「グレーゾーン」 領収書なしでOKケースも

36 「国外財産調書制度」スタート 税務署が海外資産の把握強化 ■田邊 政行

38 相次ぐ「外れ馬券」訴訟 一時所得の無申告に警鐘 常に光る国税当局の目 ■村田 顕吉朗

 

Flash!

11 ドコモ“独り負け”の決算/キューバ人選手が日本のプロ野球に/ウルムチ爆破事件の疑問

15 ひと&こと 丹呉元財務省次官のJT会長就任/NISAで出遅れた三菱東京UFJ/STAP銘柄にインサイダー疑惑

 

Interview

4 2014年の経営者 菊地 唯夫 ロイヤルホールディングス社長

44 問答有用 村田 吉弘 「菊乃井」主人

 「和食文化は絶滅の危機。残さなければなりません」

 

エコノミストリポート

83 大衆も知識人も虜 『百年の孤独』は時代と国境を超えた 南米の文豪ガルシア・マルケス死す ■野谷 文昭

85 辺境文学で世界地図を変え読者や作家を解放した ■旦 敬介

 

40 経済成長 先進国で所得上昇は望み薄 反響呼ぶ「成長の消失」論 ■室田 泰弘

70 ユーロ ECBが直面する低インフレ 量的緩和に突き付けられた難問 ■井上 哲也

72 カメラ アクション撮るゴープロが人気 カメラ市場の新分野切り開く ■小山 安博

74 FRB 発言がブレるイエレン議長 金融政策の方向性を示せず ■福田 圭亮

77 対立 ウクライナ問題の危険度を上げる欧州の対ロシア「融和政策」 ■渡邊 啓貴

80 果物 機能性や食べやすさに活路 頑張る日本のフルーツたち ■青山 浩子

82      消費者ニーズに合わせ「新商品」 希少価値で高値がつく人気品種も ■小林 多美子

 

World Watch

62 ワシントンDC 弱腰批判も世論は厭戦気分 オバマ外交がぶつかった壁 ■今村 卓

63 中国視窓 進む証券投資の自由化 世界市場への影響も拡大 ■神宮 健

64 N.Y./ロサンゼルス/スウェーデン

65 重慶/インド/ラオス

66 韓国/ブラジル/ルワンダ

67 論壇・論調  仏学者の格差論が米論壇に旋風 資本主義崩壊の予言なのか ■岩田 太郎

 

Viewpoint

3 闘論席 ■佐藤 優

17 グローバルマネー 「勢い」が落ち始めた米国株

48 学者に聞け! 視点争点 日本の社会保障の質と水準は「異常」だ ■佐藤 滋

50 言言語語

58 アートな時間 映画 [ディス/コネクト]

59        歌舞伎 [明治座 五月花形歌舞伎]

60 名門高校の校風と人脈 (93) 学習院高等科(下)(東京都) ■猪熊 建夫

68 東奔政走 アメリカは本当に尖閣を守るか 傾聴に値するオバマ発言への懐疑論 ■山田 孝男

92 景気観測 景気強い牽引役見当たらず 消費増税後の回復に注意信号 ■上野 泰也

94 賢く使うタブレット (69) 種類豊富な占いアプリ ■小野 均

95 世界遺産Quiz 琉球王国のグスク及び関連遺産群(日本)

96 健康アプリ (83) 鼠径ヘルニア ■塚崎 朝子

97 終の住みかを考える (33) どこで死を迎えるか(3) 欧米の尊厳死 ■小谷 みどり

98 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ asset-backed securities ”

 

Market

86 向こう2週間の材料/今週のポイント

87 東京市場 ■三宅 一弘/NY市場 ■大坪 三記/週間マーケット

88 インド株/為替/穀物/長期金利

89 マーケット指標

90 経済データ

 

書評

52 『資本主義の終焉と歴史の危機』

 『租税競争の経済学』

54 話題の本/週間ランキング

55 読書日記 ■渡辺 京二

56 歴史書の棚/出版業界事情

 

39 定期購読のご案内

 

51 編集後記/次号予告

 

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません