2014年

5月

20日

週刊エコノミスト 2014年5月20日号

定価:620円(税込)

発売日:2014年5月12日

 

 ◇特集:税務調査がやって来る! Part1 相続税編

 ◇「税務調査」とは何か 相続増税で対象者も増

 

桐山友一

(編集部)

 

「税務署から自宅にうかがいたいと連絡がありました」──。

 慌ただしく相続税の申告・納付を終えてから1年~1年半後。ほっと一息ついたころ、相続税の申告を依頼した税理士からそんな電話がかかってくることがある。それが相続税の税務調査だ。

 

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇菊地唯夫 ロイヤルホールディングス社長

 ◇既存店に重点投資しファミレス復活

 

 ロイヤルホールディングスは、①ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を中心とする外食(売上高占有率約50%)、②空港ターミナルビルや病院などの飲食・物販施設の展開を受託するコントラクト(同25%)、③機内食(同7%)、④ホテル(同15%)の4事業を中心に展開している。

── 2013年12月期は2期連続の増収増益でした。好調の要因は?

 

続きを読む

ワシントンDC

 ◇弱腰批判も世論は厭戦気分 オバマ外交がぶつかった壁

 

今村卓

(丸紅米国会社ワシントン事務所長)

 

「米国はもっと積極的に国際問題に関与すべきだ」。このような批判がオバマ米大統領に向けられている。昨年はシリアへの軍事介入を結局見送り、今年はロシアによるクリミア編入を結果として許してしまった。だが大統領は、批判の先鋒に立つ評論家や共和党議員は何も分かっていないと、うんざりしているようだ。

 

続きを読む