2014年

5月

27日

目次 2014年5月27日特大号


 ◇CONTENTS

 

景気・業績・株

22 好業績・増益見通し・株主還元でも株価がさえない「三つの要因」 ■濱條 元保

25 「日本人が買わない株は外国人も買わない」

26 企業のホンネを知る 異常に低い「会社予想」の見方 ■窪田 真之

28 不動産 投資用、実需用ともに好調 ■関 大介

30 選別消費の時代 インフレ銘柄vsデフレ銘柄の攻防 ■叶内 文子

31 株の需給 日本株にのしかかる三重苦 ■和島 英樹

33 長期投資の受け皿になれるか 「独立系投信&地銀」の可能性 ■鈴木 雅光

34 有力ストラテジストの株価予想 石黒 英之/神山 直樹/岩下 真理

36 企業業績 増益の分岐点は価格転嫁とコスト管理 ■丸山 俊

38 景気見通しは厳しい 輸入インフレと消費増税で日本経済は脆弱化 ■白川 浩道

40 中国経済 影の銀行問題でも経済底割れはない ■西胤 智

 

Flash!

15 米ハゲタカファンドが狙うIHIの不動産/大陽日酸を買収した三菱ケミカルの焦り/長引く政治混乱でタイの成長は2%台/仏重電大手アルストム買収に東芝も名乗り

19 ひと&こと 東芝「お家騒動」決着後に始まった西田院政/財務省と読売グループの接近/暗号ソフトの弱さを突かれた三菱UFJニコス

 

World Watch

70 ワシントンDC 足踏み続くIMF組織改革 「米国抜き」を求める声も ■須内 康史

71 中国視窓 脱「中進国のわな」改革 めどは党結成100周年 ■真家 陽一

72 N.Y./シリコンバレー/英国

73 香港/インド/マレーシア

74 オーストラリア/ロシア/イラン

75 論壇・論調  ロシア制裁の焦点はエネルギーへ 石油メジャーはロシアに味方? ■増谷 栄一

 

Interview

4 2014年の経営者 碓井 稔 セイコーエプソン社長

52 問答有用 円谷 英明 円谷プロダクション元社長

 「死ぬまでウルトラマンの仕事がしたい」

 

武器輸出の経済学

90 「三原則」見直しで輸出解禁 ■中川 美帆

91 武器輸出 国内市場に守られてきた日本企業 「防衛のTPP」で国際競争へ ■西山 淳一

96          輸出解禁を喜べない産業構造 ■桜林 美佐

 

エコノミストリポート

78 脱成長の必然を説く デフレは資本主義の限界点 過剰マネーが社会を不安定に ■水野 和夫

 

42 日銀 異次元緩和の財政コストと日銀の赤字負担能力 ■深尾 光洋

44 中国 ウクライナ問題を好機にしたい中国 ■金森 俊樹

48 ネット動画 米ビデオ配信会社ネットフリックスの成長力 ■志村 一隆

84 ミャンマー ミャンマーの「中国離れ」は困難 ■水野 敦子

86 水素 燃料電池車に必要な水素インフラ 日本の技術力 ■内田 誠吾

88 鉄 三菱重工とシーメンスが製鉄プラント統合 ■黒澤 広之

 

Viewpoint

3 闘論席 ■古賀 茂明

21 グローバルマネー 異次元緩和がもたらした日本経済の姿

56 学者に聞け! 視点争点 TPP反対は民主国家に当然の議論 ■柴山 桂太

58 言言語語

66 アートな時間 映画 [黒四角]

67        クラシック [ファニー・クラマジラン リサイタル]

68 名門高校の校風と人脈 (94) 膳所高校(滋賀県) ■猪熊 建夫

76 東奔政走 「見捨てられる」は本当か 日米安保と集団的自衛権 ■小松 浩

104 景気観測 実現厳しい財政健全化目標 数字達成より中長期の構造改革を ■足立 正道

106 賢く使うタブレット (70) 選択肢多いWindowsタブレット ■小野 均

107 世界遺産Quiz シミエン国立公園(エチオピア)

112 健康アプリ (84) 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 ■塚﨑 朝子

113 終の住みかを考える (34) どこで死を迎えるか (4)  高齢者だけの街 ■小谷 みどり

114 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ Heartbleed ”

 

Market

98 向こう2週間の材料/今週のポイント

99 東京市場 ■丸山 俊/NY市場 ■加藤 裕之/週間マーケット

100 欧州株/為替/原油/長期金利

101 マーケット指標

102 経済データ

 

書評

60 『中国が世界をリードするとき(上・下)』

 『第五の権力』

62 話題の本/週間ランキング

63 読書日記 ■米本 昌平

64 歴史書の棚/海外出版事情 中国

 

65 定期購読のご案内

 

59 編集後記/次号予告

 

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません