2014年

6月

27日

宗教と経済vol.2

オンライン書店で購入する

著者

橋爪大三郎、大澤真幸、保坂俊司、小林純、新免光比呂、ひとさちや、塩尻和子、糠谷英輝、佐藤唯行、磯山友幸、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 宗教と政治、経済、社会は密接な関係にある。グローバル化がますます進むなか、私たちは宗教に関する基礎知識とともに、それぞれの宗教の思想的背景を理解することが不可欠である。

 それが結果的に、経済活動のリスクを軽減させることにもつながるし、またビジネスの商機をつかむきっかけにもなるだろう。グローバル経済の深淵には宗教があることを忘れてはならない。

 本書は、週刊エコノミスト2013年10月22日号の特集「宗教と経済2013」を電子版化したものです。

 主な内容は以下のとおり。

 

・鼎談「近代資本主義のあり方と日本経済への示唆」橋爪大三郎vs大澤真幸vs保坂俊司

・変わる宗教勢力図 世界中で増大するイスラム教徒

・米国人の宗教観 成功者が巨額資産を寄付するわけ

・資本主義とプロテスタンティズム

・南米出身の教皇誕生は 何を意味するのか

・日本人の労働観と宗教

・人々のイスラム教信仰と 政治的イスラム主義の間の乖離

・イスラム金融は金融の暴走を止める仕組みを内包

・富の追求衝動を認めるユダヤ教

・中国の国家発展と宗教

・宗教法人の不透明な運用実態