2014年

7月

25日

とことん学ぶ通貨と為替

オンライン書店で購入する

著者

高島 修、佐々木 融、柳澤 浩、丸山 俊、小林 真一郎、岩間 剛一、佐久間 浩司、深谷 幸司、金森 俊樹、唐鎌 大輔、山本 雅文、村田 雅志、西部 忠、根本 忠宣、田代 秀敏、島村 髙嘉、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

通貨と為替は経済を動かす大テーマ。この先の世界経済を見通すうちで役に立つ通貨や為替についての基礎知識や最新情報、歴史の教訓を1冊に詰め込みました。本書は、週刊エコノミスト2014年6月17日号で掲載した特集「とことん学ぶ通貨と為替」を電子書籍としてまとめたものです。

 

主な内容は以下のとおり

 

Part1 ここがポイント!

 いま知りたい1 円安はなぜ止まったのか?

 いま知りたい2 外国人投資家の次の一手は?

  学び直す 外国為替市場

 いま知りたい3「円安・株高」はまだ期待できる?

 いま知りたい4 貿易赤字拡大の原因は?

 いま知りたい5 シェール革命は為替に影響する?

  学び直す 為替の決定要因

 いま知りたい6 ユーロ高はいつまで?

 いま知りたい7 中国人民元の下落は続く?

  学び直す 購買力平価説

 いま知りたい8 海外企業買収は円安要因?

 いま知りたい9 個人投資家のお金はどこへ?

  学び直す 円相場レート

 いま知りたい10 ビットコインの人気継続はなぜ?

 

Part2 歴史は語る

 基軸通貨の変遷 蘭・英・米の覇権の裏に巨大金融市場の存在

 通貨危機はなぜ繰り返す? 「資本の自由な移動が原因」

 ドルのパラドックス 米国の信認低下や金融危機が基軸通貨ドルの地位を高めた

 歴代日銀総裁の教訓 ニクソン・ショックで躓いた佐々木氏 石油危機を克服した森永・前川氏