2014年

7月

29日

エコノミストリポート:資源戦略なき日本 2014年7月29日号

 ◇電気料金を下げる新手法 LNGはスポットで買う

 

岩間剛一

(和光大学経済経営学部教授)

 

 液化天然ガス(LNG)のスポット価格が下落している。LNGを海外から購入する場合、10~20年という長期間、決められた価格で買う長期契約と、必要な量をその都度市場から調達するスポット契約の主に二つの調達方式がある。そのスポット価格がいま急落しているのだ。

 2014年2月に100万BTU(英熱量単位)当たり20・5ドルという過去最高値を付けたが、7月は逆に同11ドルとほぼ半値にまで暴落した。需要減退と供給増が同時に起こっているからだ。

 しかし、日本の電力会社が輸入するLNGの8割は15~20年超の原油価格連動の長期契約。このためスポット市場での安さを享受できない。………