2014年

8月

05日

特集:強い大学 Part1 大学改革と就職力 5大学トップインタビュー 東京大学 濱田純一総長 2014年8月5日特大号

 ◇「即戦力も中長期戦力も育てたい」

聞き手=編集部

── 東京大学が目指すグローバル人材とは、どのようなものか。

■世界の知恵や価値を自分の力として、取り込んでいける人だ。英語ができて海外で活躍しているような人は、その一部でしかない。大切なのは世界の多様性や価値、さまざまな生き方に触れて、知恵の引き出しを豊かにすることだ。今後、そういうグローバル人材は国内にも必要になると思う。グローバルな基準や価値観が日本に染み渡っていくからだ。

── どう養成するのか。

■大学の授業では、英語のスキルを身につけるのが基本。ブロークンな英語でいいから、自分の考えや意見を表現し、仲間と議論する訓練をする。これは海外に行くための準備にもなるし、自分の生き方や考えを確認することにもつながる。英語は日本語のような曖昧な表現が利きにくい分、ストレートな表現になり、それが自分の意見や考えを詰めていくきっかけになることがある。………