2014年

9月

09日

目次 2014年9月9日号


 ◇CONTENTS

 

暗雲 韓国

18 深刻化する内需の不振 「日本型デフレ」回避に躍起 ■桐山 友一

21 サムスン電子 低価格スマホで中国勢が突き上げ、大幅減益 ■嚴 在漢

23 インタビュー 石田 賢 元日本サムスン顧問「最悪のタイミングで倒れた李健熙会長」

24 現代自動車 伸び悩み目立つ北米市場 ■向山 英彦

26 中堅財閥の苦境 相次ぐ銀行管理、経営破綻 ■斉藤 誠

27 「4大」から「2大」に 広がる財閥間の格差 ■編集部

28 ウォン高の憂鬱 リーマン・ショック後3割超の上昇 ■高安 雄一

30 韓国社会の“亀裂” セウォル号事故がもたらした深刻なる政治空白 ■澤田 克己

31 ITの旗手 NAVER 難産の末に日本でLINEが成功 ■趙 章恩

34 中韓“蜜月”の裏側 対北政策で高まる中国依存 ■木宮 正史

36 北朝鮮経済の実態 拡大する「非公認」経済 格差は拡大 ■飯村 友紀

37 中国も北朝鮮の扱いに苦慮 ■三村 光弘

38 K-POPの海外進出 日本市場に8割を依存 ■今泉 圭姫子

 

Flash!

11 イエレンFRB議長のジャクソンホール講演─利上げに前進するFRB/代々木ゼミナール、浪人生減少で事業縮小/カリフォルニア州で500年ぶりの大干ばつ

15 ひと&こと 日本郵政株上場主幹事に尻込みする大手証券/順調ホンダジェット、遅れるMRJ/任天堂株高騰の裏にスマホゲーム参入?

 

Interview

4 2014年の経営者 新井 徹 森永製菓社長

44 問答有用 ニコラ・フォルミケッティ ファッション・クリエーター

 「音楽とファッションをミックスしました」

 

エコノミストリポート

86 消費税10%に黄色信号 消費増税で予想以上の消費落ち込み 7~9月期GDPは厳しいものに ■熊野 英生

 

80 第54回エコノミスト賞受賞記念論文 出口戦略の議論が必要「最後の買い手」機能強化 ■矢嶋 康次

 

40 物流 物流施設のサービス競争激化 ネット通販が伸び需要拡大 ■鈴木 公二

76 出版 強まるアマゾン支配に中小出版社から悲鳴 ■長岡 義幸

84 宇宙 グーグルが観測衛星企業を買収 iPhone発売時期も把握可能か ■竹内 修

 

World Watch

64 ワシントンDC 「イスラム国」の脅威高まる 迫られるシリアでの軍事行動 ■今村 卓

65 中国視窓 政権の権力基盤固まる 太子党支配の一層強化へ ■金子 秀敏

66 N.Y./シリコンバレー/スウェーデン

67 広州/インド/インドネシア

68 韓国/ロシア/UAE

69 論壇・論調 地政学から挑戦受ける経済学 優先すべきは利益より平和か ■岩田 太郎

 

Viewpoint

3 闘論席 ■片山 杜秀

17 グローバルマネー 意外に早くなるFRBの最初の利上げ

42 新連載 医療大変革時代 (1) 「2025年問題」にどう立ち向かうか ■日本政策投資銀行

48 学者に聞け! 視点争点 「都市消滅前提」の地方制度改革をただす ■佐藤 滋

50 言言語語

62 名門高校の校風と人脈 (108) 安積高校(福島県) ■猪熊 建夫

70 東奔政走 関電元副社長が激白した ヤミ献金と原発の戦後史 ■山田 孝男

72 海外企業を買う (8) スターバックス ■児玉 万里子

74 サイエンス最前線 (8) 記憶のキー 海馬 ■永雄総一/青木田鶴

78 使える スマホ・タブレット情報活用術 (8) 外出先でエアコンを操作 ■小野 均

96 景気観測 政府の楽観的な潜在成長率見通し インフレだけで問題は解決しない ■足立 正道

98 健康アプリ (98) 副鼻腔炎 ■塚﨑 朝子

99 世界遺産Quiz ナスカとフマーナ平原の地上絵(ペルー)

100 アートな時間 映画 [フランシス・ハ]

101        美術 [ヨコハマトリエンナーレ2014 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある]

102 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ command economy ”

 

Market

90 向こう2週間の材料/今週のポイント

91 東京市場 ■隅谷 俊夫/NY市場 ■馬場 真一/週間マーケット

92 ロシア株/為替/穀物/長期金利

93 マーケット指標

94 経済データ

 

書評

56 『データの見えざる手』

 『日銀、「出口」なし!』

58 話題の本/週間ランキング

59 読書日記 ■渡辺 京二 

60 歴史書の棚/海外出版事情 アメリカ

 

79 定期購読のご案内

 

55 次号予告/編集後記

 

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません