2014年

9月

16日

目次 2014年9月16日特大号


 ◇CONTENTS

 

円安インフレが来る

第1部 不都合な現実 

18 円安、増税、減収 三重苦インフレの始まり ■濱條元保/小林多美子

20 円安「負の効果」 輸出が増えにくく国民の負担が増えやすい ■宮前 耕也

22 プロが見通すドル・円相場予想

 変動幅拡大し、円安へ ■瀬良 礼子

 10月に日銀の追加緩和を予想 ■高島 修

 米金利上昇がドル高をサポート ■棚瀬 順哉

24 中低所得層に大打撃! 本当は怖い「2%インフレ」の正体 ■加藤 出

27 インタビュー 浜田 宏一 内閣官房参与(米エール大学名誉教授) 「金融政策の限界が見えた。構造改革に軸足を移す時だ」

30 原油高ショック 秘策はガソリン課税の停止 ■永濱 利廣

32 実質賃金はマイナス 家計の「体感インフレ率」は4%超の現実 ■斎藤 太郎

34 金融緩和も財政政策も弊害に 「アベノミクス」の四つの誤算 ■河野 龍太郎

第2部 歴史に学ぶインフレ 

36 Q&Aで分かる! インフレの歴史と正体 ■上川 孝夫

39 インフレで債務を圧縮した英国から学ぶ ■平山 賢一

40 昭和恐慌の歴史 高橋財政の失敗に学べ ■井手 英策

42 賃上げの歴史 インフレが作った賃金体系とベア ■金子 良事

 

Flash!

11 消費増税“正念場”内閣が発足/モディ首相来日も日印の関係強化に温度差/クラウド写真流出でアップルに衝撃/ベルリン国際家電見本市の目玉

15 ひと&こと 関係改善に向かう経団連と安倍政権/初の女性大臣に浮かない経産官僚/翌月一括払いの規制強化に衝撃のカード業界

 

Interview

4 2014年の経営者 貝沼 由久 ミネベア社長

48 問答有用 ヤジマ キミオ 発泡スチロール・アーティスト

 「動物のオブジェを作るのが何より楽しい」

 

エコノミストリポート

87 世界を動かす金融政策 イエレンFRB議長をしのぐ地方連銀ブラード総裁の発言力

89 ブラード総裁の素顔 叩き上げのリサーチャー ■岩田 太郎

 

44 空き家 次の空き家問題は老朽化マンション ■米山 秀隆

46 インフラ 自然を活用「グリーンインフラ」 ■島谷 幸宏

80 中東 怪物「イスラム国」は米国が生んだ ■福富 満久

84 欧州 中国人富裕層を呼ぶポルトガルの「黄金ビザ」 ■西脇 靖洋

90 投資家 ヘッジファンドの動きをつかむ 指数でわかる運用状況 ■鈴木 優子

 

World Watch

64 ワシントンDC 援助先からパートナーへ アフリカとの関係に転換点 ■須内 康史

65 中国視窓 戸籍統一を目指す中国 平等社会実現の試金石 ■北村 豊

66 N.Y./カリフォルニア/英国

67 上海/インド/ミャンマー

68 韓国/ブラジル/南アフリカ

69 論壇・論調 西側諸国とロシアが制裁合戦 市場が大混乱に陥る恐れ ■増谷 栄一

 

Viewpoint

3 闘論席 ■佐藤 優

17 グローバルマネー 持続的成長が展望できないアベノミクス

52 学者に聞け! 視点争点 21世紀の不平等に立ち向かう思想は何か ■柴山 桂太

54 言言語語

62 名門高校の校風と人脈 (109) 福岡高校(福岡県) ■猪熊 建夫

70 海外企業を買う (9) バークシャー・ハサウェイ ■小田切 尚登

72 サイエンス最前線 (9) 次世代ロボット ■小林 雅一

74 東奔政走 歴史認識の亀裂を「封印」した安倍首相の内閣改造人事 ■小松 浩

76 医療大変革時代 (2) 医療需要への供給体制の現状 ■日本政策投資銀行

78 使える スマホ・タブレット情報活用術 (9) 運動を習慣付ける ■小野 均

100 景気観測 時間差で表れた消費増税の影響 6月下旬から消費マインド変化か ■上野 泰也

102 健康アプリ (99) 脂質異常症 ■塚﨑 朝子

103 世界遺産Quiz タージ・マハル(インド)

104 アートな時間 映画 [舞妓はレディ]

105        歌舞伎 [秀山祭九月大歌舞伎]

106 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ pent-up wage deflation ”

 

Market

94 向こう2週間の材料/今週のポイント

95 東京市場 ■三宅 一弘/NY市場 ■大坪 三記/週間マーケット

96 欧州株/為替/原油/長期金利

97 マーケット指標

98 経済データ

 

書評

56 『過労自殺』

 『ブラックスワンの経営学』

58 話題の本/週間ランキング

59 読書日記 ■米本 昌平

60 歴史書の棚/出版業界事情

 

61 定期購読のご案内

 

55 次号予告/編集後記

 

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません