2014年

10月

03日

円安インフレが来る

オンライン書店で購入する

著者

濱條 元保、小林 多美子、宮前 耕也、瀬良 礼子、高島 修、棚瀬 順哉、加藤 出、永濱 利廣、斎藤 太郎、河野 龍太郎、上川 孝夫、平山 賢一、井手 英策、金子 良事、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 黒田異次元緩和が目指す2%のインフレ目標。国民経済を明るくするはずの政策だったが、円安による輸入物価の上昇、人手不足に消費増税が加わり、消費も実質賃金も一向に上昇しない。日本人の知らない人工インフレは本当に日本を再生させるのか--。本書は、週刊エコノミスト9月16日号の特集「円安インフレが来る」をまとめたものです。

 

主な内容は以下のとおり

 

第1部 不都合な現実

・円安、増税、減収 三重苦インフレの始まり

・円安「負の効果」・輸出が増えにくく国民の負担が増えやすい

・プロが見通すドル・円相場予想

・中低所得層に大打撃! 本当は怖い「2%インフレ」の正体

・インタビュー 浜田宏一 内閣官房参与(米エール大学名誉教授)

・原油高ショック 秘策はガソリン課税の停止

・実質賃金はマイナス 家計の「体感インフレ率」は4%超の現実

・金融緩和も財政政策も弊害に 「アベノミクス」の四つの誤算

 

第2部 歴史に学ぶインフレ

・Q&Aで分かる!インフレの歴史と正体

・インフレで債務を圧縮した英国の歴史から学ぶもの

・昭和恐慌の歴史 高橋財政の失敗に学べ

・賃上げの歴史 インフレが作った賃金体系とベア