2014年

11月

07日

止まらない円安

オンライン書店で購入する

著者

濱條元保、佐々木融、唐鎌大輔、池田雄之輔、宇野大介、酒井聡彦、山本雅文、山口範大、永井靖敏、河野龍太郎、小玉祐一、嶋中雄二、村嶋帰一、芳賀沼千里、石黒英之、大川智宏、菊池真、阪上亮太、塩村賢史、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 円ドル相場は、2014年年初から膠着状態が続いていたが、8月後半、一気に円安・ドル高に動いた。そして、10月31日の日銀の追加緩和策「黒田ショック」でさらに円安に拍車がかかった。本書は、週刊エコノミスト10月21日号の特集「止まらない円安」を電子書籍化したもので、黒田ショック前の分析だが、ドル高の原因、円安は日本経済にどのような影響を及ぼすのか、余すところなく解説している。

主な内容

・円急落の真犯人は誰か 米国の出口戦略を後押しした日米欧の為替〝密約説〟
・円急落の深層 たまり続けていた「円安マグマ」 黒田総裁の一言で一気に動く
・貿易赤字、日米金利差拡大 「円安定着時代」が来た
・人気アナリスト為替予測
・理論と実態 為替の動きを読み解く6つのキーワード
・マクロ統計を徹底解剖 すでに景気後退のシグナル 消費増税後に経済状況悪化
・人気エコノミストGDP予測
・為替と株価の相関関係 通貨高・株高が自然な姿 円安・株高時代は終焉
・人気ストラテジスト株価予測
・GPIF改革で狙える株 「コバンザメ投資」に注目