2014年

11月

21日

中国大減速

オンライン書店で購入する

著者

瀬口 清之、田中 修、津上 俊哉、三尾 幸吉郎、柯 隆、吉田 剣悟、熊 力、阿古 智子、金子 秀敏、岡本 隆司、天児 慧、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 世界経済の牽引役だった中国経済の減速が顕著だ。設備過剰、遅々として進まない国有企業改革、労働力人口の減少、貧富の格差、環境汚染など、課題を挙げたらきりがない。今後中国経済はどうなるか、またそれが世界経済にどのような影響を与えるか――を分析した。

 本書は週刊エコノミスト2014年11月4日号の特集「中国大減速」を電子書籍化したものです。


主な内容

・GDP7%割れ容認の衝撃

・待ったなしの構造改革 山積する深刻なリスク

・習近平の実像 改革の実行が不可避な経済状態 繰り返せない「失われた10年」

・金融バブル 民間と地方の債務圧縮に着手 景気急落はらむ綱渡りの運営

・不動産バブル 下がり始めた不動産価格 地方政府債務と連鎖リスク

・所得格差 戸籍統一、都市化では解決不能 既得権益層に手を付けられぬ政権

・アリババ上場 外資を引き込む中国の魔法「VIE」 株主権を弱める複雑怪奇な仕組み

・上海─香港相互取引 個人投資家の上海A株購入を解禁 企業統治の向上につながるか

・割安感目立つ香港株 値上がり期待高い有名企業銘柄」

・続く社会運動弾圧 習近平が強化する言論規制 西側の価値観を拒否

・香港デモと中国政府 「断固譲歩しない」姿勢が表面化 中国版カラー革命を警戒する政府

・歴史から学ぶ 日中は常に「政冷経熱」だった

・日中首脳会談 大国意識強める指導部 早期の関係修復は困難