2014年

12月

05日

原油急落と中東情勢vol.2

オンライン書店で購入する

著者

濱條元保、松田遼、芥田知至、藤田勉、磯川晃邦、柴田明夫、名越健郎、真田明、大越龍文、熊野英生、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 シェール革命が米国を資源超大国化させ、資源供給国としての地歩を固め始めた。この動きが世界の原油、天然ガス、石炭など資源の潮流を様変わりさせようとしている。米国に市場を奪われたロシアや中東、アフリカの資源国は、世界で唯一需要増大が見込めるアジアに殺到。米国を交えた供給先の大争奪戦が展開されている。近年、稀に見る資源買い手市場の好機を日本はどういかすか。

 本書は、週刊エコノミスト2014年11月25日号の第1特集「資源安ショック」を電子書籍化しました。

 

主な内容

・米国の「資源超大国化」が世界の資源の流れを変える

・原油先物から相場を読み解く 70ドルが底値か

・原油急落の深層 「逆オイルショック」を恐れるサウジ

・シェール革命の恩恵を独占 米国はすでに世界最大の産油国

・Q&Aで理解する シェールオイルとガス

・原油急落の将来不安 価格低位安定がもたらす中長期リスク

・レアメタル供給制約が促した代替品開発

・原油の国際政治 ロシアを兵糧攻めする米国とサウジ

・鉄鉱石 資源メジャーの仁義なき競合

・石炭 三菱商事と住友商事の明暗

・銅 ブーム終焉で世界経済とのリンクが強まる

・日本の貿易赤字 効果が出るのは1年以上後