2014年

12月

09日

週刊エコノミスト 2014年12月9日号

定価:620円(税込)
発売日:2014年12月1日

 ◇特集:水素車・リニア・MRJ
 ◇トヨタ、三菱、JR東海の「夢」 日本の技術力で拓く未来

谷口健/花谷美枝
(編集部)

 ニッポンの乗り物産業が大きく変わろうとしている。
 トヨタ自動車は水素と酸素を反応させて作る電気で動く水素車(燃料電池車)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に発売する。開発開始から20年。満を持しての商品化だ。
 航空分野では、三菱航空機の民間小型旅客機「MRJ(エムアールジェイ)(三菱リージョナルジェット)」が2015年4~6月期に初の試験飛行を予定している。17年の納入に向けて、大きな節目を迎える。
 そしてリニアモーターカー。JR東海が、27年の東京─名古屋間のリニア中央新幹線営業開始に向けて、年内に着工する。
続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇和田真治 日本瓦斯社長
 ◇ガス・電力自由化へクラウドと営業力で勝負

 2016年前後の全面自由化を控えるガス・電力業界では再編の動きが急だ。関東地方が地盤のLPガス(プロパンガス)最大手・日本瓦斯は、電力小売りや海外展開に乗り出す一方、クラウドを使った独自の業務管理システムの構築でコスト削減を図るなど、保守的な企業の多い業界の中では先端的な取り組みを打ち出してきた。「ガス業界の風雲児」とも呼ばれる和田社長は、根っからの自由化・再編論者だ。

── クラウド活用の狙いは。


続きを読む

ワシントンDC

 ◇オバマ政権残り2年の総仕上げ 外交で実績狙うが前途は多難

及川正也
(毎日新聞北米総局長)

 2期通算8年の任期を得た米大統領にとって最後の2年は「歴史に名を刻む」大統領になるための総仕上げの期間だ。そのために熟考し、実行に移す。決まり文句は「レガシー(遺産)は外交」。だが、最後の審判となった先の中間選挙で惨敗し、国内外の求心力を一段と低下させたオバマ大統領の前途は多難だ。

続きを読む