2014年

12月

19日

水素車・リニア・MRJ 水素4兆円市場の「ミライ」

オンライン書店で購入する

著者

谷口 健、花谷 美枝、遠山 浩二、和島 英樹、鈴木 真二、杉山 勝彦、川瀬 剛志、梅原 淳、溝口 陽子、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

水素と酸素を反応させて走る燃料電池車(水素車)「MIRAI(ミライ)」をトヨタ自動車が12月15日発売した。鉄道分野では、東京・名古屋間で2027年開業予定のリニア中央新幹線の工事が着工。さらには民間小型旅客機MRJも。15年に初の試験飛行が予定されている。これらの乗り物は、日本のものづくりを飛躍させるポテンシャルを秘めている。その開発・生産現場の最前線を追った。本書は、週刊エコノミスト2014年12月9日号特集「水素車・リニア・MRJ」を電子書籍化したものです。

・トヨタ、三菱、JR東海の「夢」 日本の技術力で拓く未来
水素車
・インタビュー 田中義和 トヨタ自動車製品企画本部主査
・これがトヨタ「ミライ」株だ トヨタグループが水素車に技術を結集
・燃料電池車バブルを避ける処方箋
・水素ステーション 岩谷産業 上羽尚登副社長
・自動運転 グーグルをしのぐZMPの自立走行革命
・燃料電池車だけじゃない クルマの次世代技術に挑む企業
MRJ
・インタビュー 川井昭陽 三菱航空機社長
・MRJは80兆円市場の突破口になる
・ツバサを支える17銘柄 広がる日本の航空機部品産業
・MRJの訴訟リスク 日本はWTO紛争に備えよ
リニア
・インタビュー 白國紀行 JR東海専務、リニア開発本部長
・リニアの経済効果は17兆円
・最新!リニア関連株 超電導・素材銘柄はこれだ