2015年

1月

13日

目次 2015年1月13日号


 ◇CONTENTS


1ドル130円時代

Part1 マーケットの目

18 米利上げで一層のドル高・円安 ■秋本 裕子

21 インタビュー ユーラシア・グループ スコット・シーマン氏 「円安はまだ続く」

22 日本経済は内需中心型に変化 円安メリットの波及に時間 ■有田 賢太郎

24 円安の焦点① 原油安は円高要因か、円安要因か? エネルギー革命はドル高要因 ■高島 修

26 円安の焦点② 米国は利上げするのか? 6月半ばには着手か 世界経済に混乱も ■内田 稔

28 円安の焦点③ 海外投資家はどう動くか? 円ショート30兆円の維持か取り崩しで相場が変わる ■池田 雄之輔

29 データで見る 外国為替市場 取引は1日5兆ドル超 ■小口 幸伸

30 円安の焦点④ 日銀は追加緩和するか?「2%至上主義」なら7月にも再実施 ■馬場 直彦

32 データで見る 主要通貨の騰落率 先進国で唯一売られた円 ■佐久間 浩司

Part2 歴史に学ぶ

33 プラザ合意30周年に振り返る 戦後の国際通貨システム ■黒瀬 浩一

36 インタビュー 内海 孚 元財務官 「日本は主体的に動いた」

37        ポール・ボルカー 元FRB議長 「将来は対人民元版プラザ合意も」

Part3 どうなる日本経済

74 円安でも輸出デメリットが上回る ■馬場 直彦

76 苦しい中小 コストの負担大きい 円安の恩恵享受に時間 ■森重 彰浩

77 円安・ウォン高 価格引き下げで競争力維持図る韓国経済 ■宮嶋 貴之

78 産業別円安効果 自動車メーカーに円安の恩恵 ■杉本 浩一

79 好調な百貨店 苦しい食品、100円ショップ ■花谷 美枝

80 株 円安で恩恵受ける25銘柄 ■小川 佳紀

82 資産運用 外貨預金/外貨MMF/FX/外国債券/投資信託 ■服部 哲也


Flash!

11 米・キューバ国交正常化交渉/住宅期待で中国の株価上昇/第3次安倍内閣の行方

14 ひと&ことワイド特別版 2015年注目人事早耳情報


エコノミスト・リポート

41 オフィスビル建て替えでJR東京駅周辺に一極集中 ■桐山 友一


73 インタビュー ASUS 施 崇棠 会長 「必要なのは新しい脳とデザイン思考力」


Interview

4 2015年の経営者 坂田 宏 サカタのタネ社長

44 問答有用 マルク・ベルナベ 漫画翻訳家

 「漫画界は半世紀ぶりの変革期。今がチャンスです」


World Watch

60 ワシントンDC 大統領選見据えた移民救済措置 ■篠崎 真睦

61 中国視窓 中国が15年に直面する九つの経済構造変化 ■細川 美穂子

62 N.Y./シリコンバレー/スウェーデン

63 上海/インド/インドネシア

64 韓国/ブラジル/南アフリカ

65 論壇・論調  ユーロ圏デフレ危機で求められるドイツの財政出動 ■熊谷 徹


Viewpoint

3 闘論席 ■佐藤 優

17 グローバルマネー 労働生産性向上と「第三の矢」の限界

48 学者に聞け! 視点争点 リフレ論争は19世紀から続く“鶏と卵” ■山崎 好裕

50 言言語語

58 名門高校の校風と人脈(125) 武蔵高校(下)(東京都) ■猪熊 建夫

66 海外企業を買う(25) アストラ・インターナショナル ■富岡 浩司

68 サイエンス最前線(25) スパコンで脳再現 ■小林 雅一

70 東奔政走 「安倍1強」で迎える戦後70年 ■与良 正男

72 使える スマホ・タブレット情報活用術(25) 企業の業務を効率化 ■小野 均

92 景気観測 原油安にデフレ効果なし ■南 武志

94 グラフは語る(6) 江戸時代にもあった人口問題 ■市岡 繁男

95 健康アプリ(115) 漢方の基本  ■塚﨑 朝子

96 アートな時間 映画 [薄氷の殺人]

97        舞台 [通し狂言 南総里見八犬伝]

98 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ native ads ”


Market

86 向こう2週間の材料/今週のポイント

87 東京市場 ■三宅 一弘/NY市場 ■堀古 英司/週間マーケット

88 中国株/為替/白金/長期金利

89 マーケット指標

90 経済データ


書評

52 『日本人が中国を嫌いになれないこれだけの理由』

 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

54 話題の本/週間ランキング

55 読書日記 ■与那原 恵

56 歴史書の棚/出版業界事情


51 次号予告/編集後記


85 定期購読・デジタルサービスのご案内


本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません