2015年

1月

20日

エコノミストリポート:宇宙 夢の実現へ 2015年1月20日特大号

 ◇宇宙空間を飛ぶ新型航空機 スペースプレーンに米英が本腰

野村宗訓
(関西学院大学教授)

 「飛行機で宇宙空間を旅行できる」「東京─パリ間を2時間で飛ぶ」──。常識を覆す高速飛行機の実用化が近づいている。エアプレーン(飛行機)とスペースシップ(宇宙船)のハイブリッド機で、「スペースプレーン(宇宙飛行機)」と呼ばれる新しいタイプの次世代航空機の開発に、米英両国が本格的に乗り出している。

 スペースプレーンは、ジェットエンジンとロケットエンジンを複合させた高出力のハイブリッドエンジンなどを駆使して宇宙空間まで上昇し、一時的に地球の重力圏を離脱して飛行する。近い将来、民間人の宇宙旅行を可能にする乗り物として期待が高まっている。さらに世界の主要都市間を、現行の旅客機よりも大幅に短い時間で飛行でき、航空産業を一変させる可能性も秘めている。

 ◇墜落事故でも開発加速

 2014年10月、米カリフォルニア州南部モハーベ砂漠に、試験飛行中のスペースプレーンが墜落する事故が起こった。これを各国の主要メディアがこぞって取り上げ、世界中に知れ渡った。………