2015年

1月

27日

特集:自動運転・AI・ロボット インタビュー 注目の自動運転ベンチャー 2015年1月27日号

 ◇「自動運転分野のインテル」目指すZMP

 自動運転用のAIと、それを駆使したメーカー向け開発プラットフォーム「RoboCar(ロボカー)」を発売している。実車の10分の1サイズの「ロボカー1/10」はAIを搭載する。メーカーの技術者がロボカーを操縦し、車線をはみ出さずに走らせる、あるいは障害物を回避させるとそれをAIが学習する。こうして自動運転用AIを作ることができる。トヨタのハイブリッドカー「プリウス」を使った「ロボカーHV」もある。ロボカー1/10は100万円以下で自動運転の開発環境が手に入る。ロボカーシリーズは国内の全自動車メーカーが導入している。

 2007年に発売した音楽を再生しながら自動走行するロボットの開発過程で「自動走行」という分野に可能性を見いだした。運転できない交通弱者や高齢者にも“新しいカーライフ”を提供すべく取り掛かったのがクルマの自動運転だ。………