2015年

1月

27日

目次 2015年1月27日号


 ◇CONTENTS

自動運転・AI・ロボット
18 100兆円の新産業で始まる 日本ものづくりの逆襲 ■中川 美帆/大堀 達也
20 インタビュー 「自動運転のインテル」目指すZMP
21 インタビュー 「人の考えを読むクルマ」日立オートモティブシステムズ
22 ゼロから分かる! 自動運転・AI・ロボット Q&A ■編集部
25 自動運転・AI・ロボットで注目の76銘柄
27 自動運転 富士重に出遅れたトヨタが巻き返しに本腰 ■松下 宏/大堀 達也
29 ソニーが車載カメラ向けイメージセンサーを商品化 ■中川 美帆
30 クルマのスマホ化 グーグルのお株を奪うノキアの底力 ■桃田 健史

31 インタビュー ホンダ 「事故ゼロのクルマをつくる」横山 利夫 本田技術研究所上席研究員
32 無人機 アマゾン追う千葉大ベンチャー 25年に10兆円 ■金山 隆一
33 ロボット インフラ維持管理で活躍 有望5分野で市場拡大 ■鷹羽 毅
34 橋、トンネル、下水道、発電所 建設以外の企業が続々参戦 ■木村 駿
35 建機・農機の自動化で成長するトプコン ■中川 美帆
36 インタビュー ソフトバンク 「スマホの次はロボット」 冨澤 文秀 ソフトバンクロボティクス社長
37 物流 作業補助スーツや台車ロボで省力化 ■藤原 秀行
38 Google vs アマゾン IoT狙うグーグルのロボット投資 ■本田 幸夫
39 日本が強い産業用ロボット 新市場は掃除・介護・ヒト型 ■西川 裕康
41 AI 米巨大ITの覇権争い グーグルの攻勢、逆襲のIBM ■大堀 達也
43 「法務AIでトヨタと協力」 守本正宏 UBIC社長

Flash!
11 仏テロ事件の背景に貧しい移民の経済格差/2015年度予算案は社会保障費増で過去最大/ロシア危機深刻化でプーチン支持は半減
15 ひと&こと GPIF理事長候補に浮上した安倍ブレーン/東芝の佐々木副会長に退任説/不振続くイオン中核スーパーのトップ交代

エコノミスト・リポート
85 アジアの放送 アジアのテレビ市場攻める香港・韓国 コンテンツは「聖地」で売る時代 ■志村 一隆
87 ドラマが盗まれている アジアで跋扈する違法ストリーミング

78 空き家 地域交流に空き家活用 武蔵野市のテンミリオンハウス ■木谷 百里
80 投資 NISA700万口座突破も稼働低迷 ■大山 弘子
82 トヨタ 特許開放で燃料電池車普及の壁を突破 ■河村 靖史
83 幕末 多彩な人材育てた吉田松陰 ■一坂 太郎

Interview
4 2015年の経営者 木股 昌俊 クボタ社長
44 問答有用 南 研子 熱帯森林保護団体代表
 「次世代のためにも地球の資源を守りたい」

World Watch
64 ワシントンDC 強い影響力を持つロビー活動 ■堂ノ脇 伸
65 中国視窓 15年は「改革深化の年」 課題解決で日本に商機 ■真家 陽一
66 N.Y./ロサンゼルス/英国
67 台湾/インド/フィリピン
68 韓国/ブラジル/ナイジェリア
69 論壇・論調  ロシアの危機はまだ続く 外貨準備高が減少 ■増谷 栄一

Viewpoint
3 闘論席 ■池谷 裕二
17 グローバルマネー 利上げへの「地ならし」に備えよ
48 学者に聞け! 視点争点 問われる日銀の「出口」と財政再建 ■田中 隆之
50 言言語語
62 名門高校の校風と人脈(127) 小田原高校(神奈川県) ■猪熊 建夫
70 東奔政走 民主党代表選への関心高まらず 抜本的な「体質の改善」が必要 ■末次 省三
72 海外企業を買う(27) モンサント ■藤澤 広洋
74 サイエンス最前線(27) 創薬最前線 ■加納 圭
76 使える スマホ・タブレット情報活用術(27) 外出先でWi-Fiを活用する ■小野 均
96 景気観測 意外に力強い外需の下支え 海外所得の国内循環がカギ ■枩村 秀樹
98 グラフは語る(8) 株価調整を示唆する二つの指数 ■市岡 繁男
99 健康アプリ(117) メタボリックシンドローム ■塚﨑 朝子
100 アートな時間 映画 [ビッグ・アイズ]
101        舞台 [劇団四季FESTIVAL! 扉の向こうへ]
102 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ new mediocre ”

Market
90 向こう2週間の材料/今週のポイント
91 東京市場 ■藤戸 則弘/NY市場 ■林 宏行/週間マーケット
92 欧州株/為替/原油/長期金利
93 マーケット指標
94 経済データ

書評
56 『21世紀の貨幣論』
 『フラッシュ・ボーイズ』
58 話題の本/週間ランキング
59 読書日記 ■池内 恵
60 歴史書の棚/出版業界事情

55 次号予告/編集後記

88 定期購読・デジタルサービスのご案内

本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません