2015年

1月

30日

1ドル130円時代

オンライン書店で購入する

著者

秋本裕子、有田賢太郎、高島修、内田稔、池田雄之輔、小口幸伸、馬場直彦、佐久間浩司、黒瀬浩一、森重彰浩、宮嶋貴之、杉本浩一、花谷美枝、小川佳紀、服部哲也、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

原油安が進む世界経済。米国で2015年半ばにも利上げが予想される一方、欧州が2015年1月22日に量的緩和を決定、日本も追加緩和が指摘されている。この状況下で2015年中に1ドル130円突破はあるか、円安の影響はどうかを探った。本書は、週刊エコノミスト2015年1月13日号の特集「1ドル130円時代」を電子書籍化しました。


1ドル130円時代

Part1 マーケットの目

・米利上げで一層のドル高・円安

・日本経済は内需中心型に変化 円安メリットの波及に時間

・円安の焦点1 原油安は円高要因か、円安要因か?

・円安の焦点2 米国は利上げするのか?

・円安の焦点3 海外投資家はどう動くか?

・データで見る 外国為替市場

・円安の焦点4 日銀は追加緩和するか?

・データで見る 主要通貨の騰落率

Part2 歴史に学ぶ

・プラザ合意30周年に振り返る 戦後の国際通貨システム

・インタビュー 内海孚・元財務官

・インタビュー ポール・ボルカー、元FRB議長

Part3 どうなる日本経済

・円安でも輸出でメリットが上回る

・苦しい中小 コストの負担大きい 円安の恩恵享受に時間

・円安・ウォン高 価格の引き下げで競争力維持図る韓国経済

・産業別円安効果 自動車メーカーに円安の恩恵

・円安メリット・デメリット 外国人旅行者の消費急拡大

・株 円安で恩恵受ける25銘柄

・資産運用 外貨取引、株式、債券、投資信託