2015年

2月

13日

自動運転・AI・ロボット

オンライン書店で購入する

著者

中川美帆、大堀達也、松下宏、桃田健史、金山隆一、鷹羽毅、木村駿、藤原秀行、本田幸夫、西川裕康、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 情報技術(IT)の進化で、自動運転やロボットと、その開発のカギを握る人工知能(AI)の市場が爆発的に広がっている。日本企業にはビッグチャンスの到来だ。いま企業は何にしのぎを削っているのか。最新情勢を報告する。

本書は週刊エコノミスト2015年1月27日号で掲載された特集「自動運転・AI・ロボット」の記事を電子書籍にしたものです。


自動運転・AI・ロボット

・100兆円市場に成長する新産業 ものづくり日本の逆襲が始まった

・インタビュー 「自動運転のインテル」目指すZMP

・インタビュー 「人の考えを読むクルマ」日立オートモティブシステムズ

・ゼロから分かる!自動運転・AI・ロボットQ&A

・動運転・AI・ロボットで注目の銘柄76社

自動運転

・富士重に出遅れたトヨタが巻き返しに本腰

・ソニーが車載カメラ向けイメージセンサーを商品化

・クルマのスマホ化 グーグルのお株を奪うノキアの底力

・キーマンインタビュー ホンダ 横山利夫・本田技術研究所上席研究員

・無人機 アマゾン追う千葉大ベンチャー 25年に10兆円

広がるロボット

・インフラ維持管理で活躍 有望5分野で市場拡大

・橋、トンネル、下水道、発電所 建設以外の企業が続々参戦

・建機・農機の自動化で成長するトプコン

・キーマンインタビュー ソフトバンク 冨澤文秀・ソフトバンクロボティクス社長

・物流ロボット 作業補助スーツや台車ロボで省力化

・Google vs アマゾン IoT狙うグーグルのロボット投資

・日本が強い産業用ロボット 新市場は掃除・介護・ヒト型

人口知能(AI)

・米巨大IT企業の覇権争い グーグルの攻勢、逆襲のIBM

・「法務AIでトヨタと協力」守本正宏UBIC社長