2015年

3月

17日

目次 2015年3月17日号


 ◇CONTENTS


キーワードで知る経済リスク

20 世界同時株高に潜む乱高下相場の危うさ ■濱條 元保

22 何が起きるか 1 通貨安競争 ドル独歩高で米国の成長も停止 ■斎藤 満

24         円安トレンドの終焉 ■斎藤 裕司

25 何が起きるか 2 米利上げ 早すぎても遅すぎてもリスク山積 ■鈴木 敏之

27 何が起きるか 3 原油安 膨らむ在庫が引き起こす新興国のマネー逆流 ■長谷川 克之

28         変わらないエネルギー政策 ■石井 彰

29 何が起きるか 4 最高値 円安転換で東証株安も ■井出 真吾

30 何が起きるか 5 長期停滞 低下する先進国の潜在成長率 ■黒瀬 浩一

32 課題への挑戦 1 格差 ピケティが示す資本主義の限界 ■水野 和夫

34 何が起きるか 6 国債暴落 異次元緩和の出口戦略が最初の山場 ■小幡 績

36 課題への挑戦 2 サイバーテロ 民間企業から軍隊まで標的に ■山崎 文明

38 何が起きるか 7 地政学リスク 世界同時株高に水差す国際緊張 ■長内 智

40 何が起きるか 8 中国減速 過剰設備やデフレ圧力の難題 ■金森 俊樹

42 課題への挑戦 3 移民政策 欧州が模索する第三の道 ■藤巻 秀樹


Flash!

13 中国2015年GDP目標7%前後/シャープ支援要請/北陸新幹線3月14日開業/第35回毎日経済人賞

17 ひと&こと FRB監査の影に銀行/ホンダ社長交代の「異例」/公共工事の入札不調で建設業者が強気のワケ


Interview

4 2015年の経営者 福田 修二 太平洋セメント社長

46 問答有用 張 藝謀 映画監督

 「文革に翻弄された人々の運命に触発される」


エコノミストリポート

83 業績改善で企業が移転 東京オフィスビル「2012年問題」が来年再燃か ■竹本 遼太

 欧米系外国人が増加 外資系企業に人気の目黒 

 サイバーエージェント、DeNA…… IT企業が集まる渋谷


44 ODA 軍支援に道開くODA大綱 ■谷山 博史

76 労働 ホワイトカラー労働時間制度 働き過ぎ防止に課題 ■山田 久

78 円安 製造業の「国内回帰」も過去の水準に及ばず ■青木 大樹

80 防災 津波被害軽減を図る静岡県の対策と戦略 ■秋本 裕子

     田子の浦港 津波対策と観光促進両立へ

82 東海道新幹線 ブレーキ改良で23年ぶり速度向上 ■秋本 裕子


World Watch

62 ワシントンDC 新「国家安全保障戦略」で問われる米国の指導力 ■須内 康史

63 中国視窓 高まる国民の環境意識 ■北村 豊

64 N.Y./シリコンバレー/英国

65 香港/インド/マレーシア

66 オーストラリア/ロシア/イラン

67 論壇・論調  ギリシャ支援継続にロシアの影 ■熊谷 徹


Viewpoint

3 闘論席 ■古賀 茂明

19 グローバルマネー アベノミクスによる景気回復は偶然の産物

50 学者に聞け! 視点争点 生活保障として機能不十分の年金 ■田宮 遊子

52 言言語語

60 名門高校の校風と人脈 (134) 八戸高校(青森県) ■猪熊 建夫

68 東奔政走 「脱原発」をめぐる日独の壁 ■山田 孝男

70 海外企業を買う (34) ルルレモン・アスレティカ ■児玉 万里子

72 サイエンス最前線 (34) TMT ■須藤 靖

74 急げ!社会保障改革 (2) 「高齢者=弱者」の構図に限界 ■鈴木 準

94 景気観測 消費者物価はいったんマイナスへ ■斎藤 太郎

96 グラフは語る (15) 金利反転のきっかけは何か ■市岡 繁男

97 オフィス・自宅で 3分間ヨガ道場 (4) オフィス編4 肩がこる ■監修・綿本 彰

100 アートな時間 映画 [正しく生きる]

101        クラシック [「リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)」シリーズ]

102 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ account、minutes ”


Market

88 向こう2週間の材料/今週のポイント

89 東京市場 ■丸山 俊/NY市場 ■加藤 裕之/週間マーケット

90 中国株/為替/金・白金/長期金利

91 マーケット指標

92 経済データ


書評

54 『日本の財政「最後の選択」』

 『「アラブの心臓」に何が起きているのか』

56 話題の本/週間ランキング

57 読書日記 ■米本 昌平 

58 歴史書の棚/海外出版事情 中国


86 定期購読・デジタルサービスのご案内


53 次号予告/編集後記


本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません