2015年

4月

10日

キーワードで知る経済リスク

オンライン書店で購入する

著者

濱條元保、斎藤満、斎藤裕司、鈴木敏之、長谷川克之、石井彰、井出真吾、黒瀬浩一、水野和夫、小幡績、山崎文明、長内智、金森俊樹、藤巻秀樹、週刊エコノミスト編集部

内容紹介

 世界的な金融緩和を背景に、同時株高となっている。そこに死角はないか――。日米欧、新興国の実体経済や原油価格、為替、国債、地政学リスクなどを総点検する。
 本書は週刊エコノミスト2015年3月17日号で掲載された特集「キーワードで知る経済リスク」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
キーワードで知る経済リスク
・世界同時株高に潜む乱高下相場の危うさ
・何が起きるか1 通貨安競争 ドル独歩高で米国成長も停止
  円安トレンドの終焉
・何が起きるか2 米国の利上げ早すぎても遅すぎてもリスク山積
・何が起きるか3 原油安 膨らむ在庫が引き起こす新興国のマネー逆流
  変わらないエネルギー政策
・何が起きるか4 最高値 円安転換で東証株安も
・何が起きるか5 長期停滞 低下する先進国の潜在成長率
・課題への挑戦1 格差 ピケティが示す資本主義の限界
・何が起きるか6 国債暴落 異次元緩和の出口戦略が最初の山場
・課題への挑戦2 サイバーテロ 民間企業から軍隊まで標的に
・何が起きるか7 地政学リスク 世界同時株高に水差す国際緊張
・何が起きるか8 中国減速 過剰設備やデフレ圧力の難題
・課題への挑戦3 移民政策 欧州がが模索する第三の道