2015年

5月

12日

特集:世界株高の落とし穴 日銀 2015年5月5・12日合併号

 ◇日銀の物価目標修正が円高・株安の引き金に


城田 修司

(HSBC証券マクロ経済戦略部長)


 日銀の2年間で2%に引き上げるという「物価安定目標」達成に黄信号が点滅している。消費者物価指数(CPI)上昇率は、今年に入り消費増税の影響を除くと前年比0%台に鈍化。増税の影響が一巡する4月以降は一時的にせよ、マイナスに陥る可能性さえも出ている。

 日銀の黒田東彦総裁や岩田規久男副総裁は、2%インフレの達成時期について「2015年度を中心とする期間」などと慎重な表現を多用し、後ずれを容認する発言をしている。日銀の木内登英審議委員は、以前から金融政策委員会のなかで慎重な見方をしており、2%目標の実現には「相応の期間を要する」との現実的な意見を繰り返し述べていた。その忠告がまさに現実味を帯びている。………




特集「世界株高の落とし穴」の電子版コンテンツは、Kindleストア、楽天kobo、ReaderStoreなどでお買い求めいただけます。

 ・週刊エコノミストebooks世界株高の落とし穴」