2015年

6月

02日

目次 2015年6月2日号


 ◇CONTENTS


歴史を動かす聖書と金利

24 聖書が禁じ、教会が認めた歴史 神と人の綱引きが定める水準 ■柳沢 哲哉

28 聖書と金利を読み解く7つの基礎知識 ■編集部/監修・保坂 俊司

31 モーセはエジプト人? フロイトが唱えた異説 ■金関 猛

32 旧約聖書の源流 古き洪水伝承「アトラハシース物語」 ■中田 一郎

33 ハンムラビ法典の金利は年20% 新王の即位で「徳政令」も

34 金利の効能 不確実な未来に値段をつける ■日向 健

35 国家制度を維持するための「出挙」

36 コラム 古代エジプトからあったマイナス金利 ■加藤 敏春

37 コラム あせないエンデの「時間泥棒」 ■子安 美知子

38 マイナス金利の必然 経済成長あがめる資本主義の転換点  ■水野 和夫

40 コラム トランプに見る宗教 ■井上 教子

41 インタビュー 高階 秀爾 大原美術館館長

 「 為替手形を金利にしたメディチ家」

42 インタビュー 伊東 俊太郎 東京大学名誉教授 

 『十二世紀ルネサンス』「 西欧が学んだイスラム文明」

44 資本主義で後れを取ったイスラム「 法人」の否定が経済活動の足かせ ■大澤 真幸

46 西欧も尊崇 異教徒にも寛容だったイスラムの英雄サラディン ■松田 俊道

47 コラム イスラエルを庇護する宗教国家アメリカ ■堀内 一史

48 金利を肯定した仏教 商人が支えた「都市型宗教」 ■保坂 俊司


Flash!

17 1~3月期GDP 回復の遅れ目立つ個人消費/上場200社決算 今期も最高益予想/

大阪都構想敗退で狂う安倍政権の戦略/北朝鮮 人民武力相処刑情報の裏

21 ひと&こと 会計士協会元会長引退の余波/漢方の保険適用外しを狙う財務省/

フォルクスワーゲン人事抗争終わらず


Interview

4 2015年の経営者 羅 怡文 ラオックス社長

50 問答有用 的場 昭弘 神奈川大学教授

「マルクスの本当の姿を伝えるために人生を懸ける」


エコノミスト・リポート

88 IMF報告 シャドーバンクと異なる資産運用業の機能とリスク ■大浦 博子


78 サウジアラビア サルマン国王の大胆人事 ■三束 尚志

80 医療機器 ガラパゴス脱却図る日本企業 ■日諸 恵利

      インタビュー 新宅 祐太郎 テルモ社長

82 金融 日銀のETF購入がはらむリスク ■大塚 理恵子

84 米国 アムトラック脱線事故の背景に「鉄道軽視」 ■冷泉 彰彦

85 ホテル 不足で出張者が悲鳴も供給増に限界 ■沢柳 知彦


World Watch

66 ワシントンDC 米輸銀業務停止という米企業のリスク ■須内 康史

67 中国視窓 進行する景気減速 ■細川 美穂子

68 ニュージャージー/シリコンバレー/英国

69 青島/インド/タイ

70 韓国/ロシア/オマーン

71 論壇・論調  米国のTPP論議は期待と恐れが錯綜 ■岩田 太郎


Viewpoint

3 闘論席 ■片山 杜秀

23 グローバルマネー 日銀は政府と対峙すべき時

54 学者に聞け! 視点争点 最大規模の給付抑制が進む生活保護制度 ■田宮 遊子

56 言言語語

64 名門高校の校風と人脈 (144)  松山東高校(愛媛県)㊤ ■猪熊 建夫

72 海外企業を買う  フェイスブック ■佐藤 仁

74 サイエンス最前線  脳と機械をつなぐ ■永雄 総一/青木 田鶴

76 東奔政走 「ハウス・オブ・カード」で読む安倍訪米 ■山田 孝男

98 景気観測 株高と実体経済が乖離 ■藻谷 俊介

100 グラフは語る  戦後の英国を苦しめた債務の重み ■市岡 繁男

107 オフィス・自宅で 3分間ヨガ道場(14)オフィス編14イライラする■監修・綿本 彰108 アートな時間 映画 [ターナー、光に愛を求めて]

109        美術 [ボッティチェリとルネサンス─フィレンツェの


Market

92 向こう2週間の材料/今週のポイント

93 東京市場 ■隅谷 俊夫/ NY市場 ■高堀 伸二/ 週間マーケット

94 ロシア株/為替/穀物/長期金利

95 マーケット指標

96 経済データ


書 評

58 『経済の大転換と日本銀行』

『税で日本はよみがえる』

60 話題の本/週間ランキング

61 読書日記 ■米本 昌平

62 歴史書の棚/海外出版事情 アメリカ


91 定期購読・デジタルサービスのご案内


57 次号予告/編集後記


本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません