2015年

7月

07日

週刊エコノミスト 2015年7月7日号

定価:620円(税込み)

発売日:2015年6月29日

特集:利上げが来る!


◇米国9月開始を織り込む

◇「想定外」なら市場は混乱


 米国がいよいよ利上げに踏み出す。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は6月17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、「ほとんどのFOMC委員が年内の利上げが適切と考えている」と発言。2008年から続くゼロ金利政策に終止符を打ち、15年後半に政策金利であるフェデラルファンド・レート(FF金利)の引き上げを始める意向を示した。開始時期については言及を避けたが、早ければ9月、遅くとも12月という見方が市場の大勢だ。




続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

 ◇西永裕司 オエノンホールディングス社長

 ◇アルコールのスペシャリスト目指す


 国内6位の総合酒類メーカー。焼酎から日本酒、ワインなど幅広く製品を展開。前身の合同酒精時代からM&A(企業の合併と買収)で規模を拡大。2014年12月期の売上高は841億円。


── 日本初のバーと言われる「神谷バー」が源流と聞いています。

西永 1880年に創業者の神谷伝兵衛が東京・浅草に「みかはや銘酒店」(後の神谷バー)を開いたのが始まりです。1900年には日本酒精製造を設立、北海道旭川市の工場民間初のアルコール製造を開始しました。03年には茨城県牛久市のシャトーでワイン生産、24年には北海道の焼酎会社3社と合併して合同酒精となり焼酎生産を日本で初めて手掛けました。その後、北海道を起点に販売地域を拡大してきました。


続きを読む

ワシントンDC

 ◇高まる原油輸出解禁論効果に疑問符も


須内 康史

(国際協力銀行ワシントン首席駐在員)


 米国産の原油は、1975年のエネルギー政策及び保存法により、原則輸出が禁止されている。しかし最近は、輸出解禁を巡る議論が米国内で続いており、米国議会では原油輸出の解禁を目指して、法案を提出する動きがある。

 米議会上院で5月12日と19日、原油輸出規制を原則解除する二つの法案が提出された。中心となったのは、上院のエネルギー天然資源委員会の委員長を務める共和党のマコウスキー上院議員と、石油産出州であるノースダコタ州から選出された民主党のハイトキャンプ上院議員。


続きを読む