2015年

10月

06日

人工知能 自動運転:ものづくりが変わる 日本の製造業に勝機あり 2015年10月6日号

製造業の高度化を進めるドイツ(ボッシュの工場) Bloomberg
製造業の高度化を進めるドイツ(ボッシュの工場) Bloomberg



 ◇競合はグーグルよりドイツ企業


松尾 豊(東京大学准教授)


 AIはすでに産業用ロボットに応用できる水準にある。

 2014年1月に米グーグルに買収された英ディープマインドは、ディープラーニングを利用して、インベーダーゲームで「ポイントを多く取れ」という報酬(目的)をAIに与えて、自ら成功や失敗を学習して、時間とともに高得点を取れるAIを作った。米カリフォルニア大学バークレー校は、産業用ロボットに応用した。「凸と凹の部品を組み立てる」という報酬を与えると、試行錯誤しながら学習過程の終盤では組み立て速度を上げることに成功した。

 こうした行動の分野におけるAIの発展によって、建設や農業など体を使う作業は、どんどん自動化できる道すじが見えてきた。ものづくりで特にインパクトは大きい。日本にとって一番大事なのは、AIの発展が経済力を高める可能性があることだ。AIで付加価値を付けた機械を海外に売ることができれば、日本のものづくりに競争力をもたらす。

 日本には「シリコンバレー企業が覇権を握るのでは」という危機感が根強い。しかし、グーグルは自動運転車の開発で自動車メーカーと組んでいる。頭脳を作る企業と、製造から販売までのルートを持つ企業を比べると、やはり後者に強みがある。グーグルが製造や販売の仕組みを構築するのは難しく、製造業系の企業がAIを取り入れる方が簡単だ。また、AI(ソフト)と機械やロボット(ハード)をうまく機能させるためには、すり合わせが不可欠で、日本の強みを発揮できる。

 もちろん、グーグルが医療や自動車などに自社の経営資源を集中投下すると、その分野では存在感を示すかもしれない。しかし、製造業は分野が広い。個別領域でグーグルに勝つことは十分可能だと考える。

 結局、グーグルもフェイスブックも収益源は広告だ。そのビジネスモデルから脱却するのは難しい。...



関連記事

この記事の掲載号

 

【特集】これだ!人工知能 自動運転

 トヨタも三越伊勢丹も人口知能/ここまで来た自動運転

 発売日:2015年9月28日 定価:620円

 

目次を見る]

電子書籍版を購入する]

 ■アマゾンKindle / 楽天kobo

 ビューン / MAGASTORE

 GALAPAGOS

ネット書店で雑誌を購入する]

 ■楽天ブックス

 ヨドバシ.com / hontoネットストア

年間定期購読

関連ebooks