2015年

10月

06日

週刊エコノミスト 2015年10月6日号

定価:620円

発売日:2015年9月28日

 ◇日本のAIが切り開く

 90兆円の巨大市場

 

大堀 達也/谷口 健

(編集部)

 

 人間に代わって知的な労働を行うコンピューターのソフトウエア、「人工知能(AI)」の活用に、日本の産業界が動き始めた。

 トヨタ自動車は9月8日、AI研究の“メッカ”である米スタンフォード大、マサチューセッツ工科大(MIT)とAI研究で連携すると発表した。トヨタが動いた背景には、AIがここ数年で飛躍的に進化し、「自動運転やロボット、新素材など、あらゆる分野を進歩させる可能性がある」(伊勢清貴トヨタ専務)からだ。



続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

◇小倉雅彦 東鉄工業社長

◇線路工事でナンバーワン


東鉄工業は鉄道工事を主力とする建設会社で、設立は旧国鉄より早い1943年7月。線路工事の実績は国内トップだ。現在は線路、土木、建築、環境の4部門で展開。2015年3月期は売上高1161億円、営業利益92億円で、いずれも過去最高。4月から新中期経営計画(16年3月期~18年3月期)がスタートした。


続きを読む

ワシントンDC

 ◇生中継中の2人を射殺

 ◇銃規制の強化は難しい


及川 正也

(毎日新聞北米総局長)


 また痛ましい銃犯罪が起きた。8月下旬の早朝、米南部バージニア州モネータのショッピングセンターで、地元テレビ局WDBJの生中継中に女性リポーターのアリソン・パーカーさん(24)と男性カメラマンのアダム・ウォードさん(27)が、元同局員のべスター・フラナガン容疑者(41)に射殺された。容疑者は車で逃走中に銃で自殺。米メディアによると、同局から解雇されたことへの「逆恨み」が動機とみられている。銃撃現場が生中継されたことで全米が騒然とした。


続きを読む