2015年

11月

10日

コンビニコーヒー、三者三様

コンビニにコーヒーの香りがただよう (東京都大田区のファミリーマート)
コンビニにコーヒーの香りがただよう (東京都大田区のファミリーマート)

 ◇知って驚くコーヒー革命

 ◇2015年11月10日号


黒崎 亜弓(編集部)

 

 同じコンビニコーヒーでも各社で戦略は異なる。

 

 客がカップを受け取り、自分でボタンを押して抽出するタイプが多いなか、ローソンはカウンター渡しにこだわる。「テーマはカフェ。手渡しの接客で絆をつくる」(担当者)。

 

 一方、抽出方法ではローソンやファミリーマートが女性に人気のカフェラテなどのメニューを展開するため、圧力をかけたエスプレッソ抽出をとる一方、セブン─イレブンはペーパードリップだ。「日本人の口にはドリップの方が合っている。ストレートで飲みたいニーズがあった」(セブン広報)。今年6月には凍らせたミルクの粒を使うことで、アイスカフェラテも登場させた。(了)

関連記事

この記事の掲載号

【特集】緩和中毒

 ECB FRB 日銀 中国人民銀

 世界4極 大緩和ドミノ


【特集2】知って驚く コーヒー革命

 勢力図画一変/名店の系譜


 発売日:2015年11月2日 定価:620円


 ■目次を見る

 ■ネット書店で購入する

 ■年間定期購読